30代からのロードバイク 自転車通勤のその先に

30歳になって本格的に始めたロードバイクのトレーニング、メンテ、自転車通勤、実業団登録からその後などを記録していきます

東京エンデューロということはジュニアのバースデイ

はい、山です。

いよいよ本格的に暖かくなってきましたね。昨日の通勤はノー起毛。ふつうに長袖とジャージのみで来ました。モーマンタイ。

そろそろ足に生えている私の剛毛ともさよならを告げる時期になってきましたので、とりあえず右足だけ処理しました。片足のみツルツルです。キモい。

 

さてさて、タイトルの通り東京エンデューロの1hソロに参戦してきましたよー。結果A組14位でした。不甲斐ないけど、それが現実。では、さっそく簡単に振り返ってみましょ。

 

朝はさほど早くなかったのと、彩湖だしアップがてら自走で向かう。ほどほどに身体は動くものの調子は良くもなく悪くもなく普通。少し股関節に違和感がある感じ。まぁ寒かったからかな。で着。

f:id:y-yama17:20190312131038j:image

そして、イッチーより事前に連絡してもらっていた雑兵の方が集まるテントに。本当にありがとうございました!めちゃ助かった。んなことしてたら、もう時間ないのでスタート位置へ。が、場所を間違えてしまう。戻ってきたら既に人がたくさん並んでおり、安定の最後尾付近。まぁそんなに人多くないし、問題なさそう。

先導というか、サポートライダーはRoppongiエクスプレスの方のようだ。すごいなぁ。

で、スタート。パレードランがあり、リアルスタートは1周回終わってからの模様。自分的にはゴール位置からリアルスタートかと思ってたけど、違うみたい。

とりあえず1周する。道がいきなり狭くなったりする箇所もありかなり怖い。先頭じゃないと突然コーンが現れるような感じだった。ちょっと苦言になるかもしれないけど、TT終わりに少しは試走の時間を設けた方が良いんじゃないのって思ってしまった。そんなんもあり、確かにローリングスタートは必須だと感じる。コースが狭くなるので、ぶつかりそうになったり、ぶつかったり。。。結構危ないかなって感じ。それもありレース中は結構まわりとのマージンを広めに設けました。前回の大磯で落車しているし。

そうこうしているうちにリアルスタート。

まぁそこまで強度も上がらず??そんなにきつくないかなって感じ。

そして、最初の減速位置へ、流石に前回の落車がよぎり体がかなり強張る。も、パスできた。良かったよ。この後は特に何もなかったので、とりあえず一安心。

ちなみに彩湖の坂登り切り曲がった先にあるダンダンはカマボコという名称らしい。想像していたよりもダンダンはキツくなく。これなら乗っても平気だなという感じだったので、道のど真ん中を行く。というか集団もそこを行く感じ。でも結構みんな足止めてたな。

1周目は様子みようかと思っていたので、とりあえずクランクが終わり土手下までは集団の真ん中ぐらいでチョロチョロ。

土手下に入り、スペースが広がったのと先頭集団と自分のいる集団の切れ目が見えたので、とりあえず先頭集団のケツまで頑張って追いつくよう踏む。追いつく。ちょっとリアルスタート後1周目だったかは定かでない。

その後は、先頭の方で回す。アタックというか何度か飛び出す人がいて、基本的には乗るような形を取る。ただ、飛び出ては捕まって、飛び出ては捕まってで疲れるので、中盤から後半に掛けてはやめる。で集団の最後方まで落ちていく。というか落ちるつもりはなかったんだけど、なんか最後方まで落ちてたな。DKを自分の前に入れたりして。まぁ、前に出ようと思えば出られる感じでもあり、この感じだと逃げも決まらないだろうと思っていたので特に焦らず。

あと今回一度怒りましたね。あれは良くないから今度からはやめようとは思うけど、ちょっと。。。とは思う。。。まぁ良いや。

 

レースに戻ると、相変わらずペースはそこまでキツくはない。しかしながら当然のようにインターバルは掛かる。ただインターバルも土手下に入るところと橋越えてからカーブ立ち上がりの2箇所ぐらいだったと思う。

で、ラスト2周。RXの方に残り2周ぐらいか確認する。かなり冷静。

で、ラスト。2名ほど間違えてしまったらしくスプリントされていたようだ。

ゴール位置を過ぎて、コーナー立ち上がり後、ゆるゆると先頭付近へ。坂手前ではほぼ先頭。かなり良い位置な感じ。坂に入る際、チェーンが落ちたような音が聞こえたのと同時に飛び出てみる。というか反射的に飛び出てしまったような。

 

だ、だれもついてこない。

 

だんだんのところも右側のなんもないところで進む。ここでも誰もこない。

 

やっちまったか。。。

やっちまったなw

 

そのまま土手下。

振り返ってしまう。。。

間違いなく追いつかれるぅーー!!!だいぶ消沈。

 

さらに集団が近づいてくる。そこからは意気消沈し、徐々に足も回らなくなる。そして、捕まる。いやはや、あの時の気持ちってなんとも言えない。

 

終わったー。で、最後は惰性でゴール。14位でした。悔しいし、やはり甘くはなかったが積極的に動けたような気もするような、やはり得意な展開の方が勝負にはなったんだろうと思う。まぁ無事にレースが終了したことだけは良かったかな。

ラストのスプリントは参加してなかった(できなかったのが正解)けど、飛び出さずに参加したところで、おそらくは勝てなかったろうと思う。なんかこう、勝ちに行くような練習しないとダメなんだろうな。。。勝てないよね、このままじゃ。

出稽古とかしてみようかなぁー。。。もっとレースも出ないとダメな気もする。去年の方がよっぽど速いと思う。という感じ。少し悲しいね。ちょいとモチベが上がってこないので、無理やり刺激を入れてみよう。

 

で、レース後は先ほどの拠点に戻らせてもらい、少しお話しして午前中のうちに会場を後にしました。会場ではいろんな方ともお話しできて良かったです。ありがとうございました!

ジュニア誕生に合わせて行われるレースでお祭りみたいな雰囲気もあるし、毎年出たいなとは思うけど、来年はTTで良いかな。

 

そして、今週末本当のメインイベントは。。。!

そうジュニアの初誕生日である!!ババン。一升餅全然泣かないというかいつも通り?立ちはしない。

が普通に動く。

f:id:y-yama17:20190312205248p:image

5分後…。ひとしきり、カードで遊んで、重さに気付いたのか。。やっと泣く。

f:id:y-yama17:20190312205407p:image

ようやくか。良かったよ、泣いてくれて。

 

その後は宴会です!ジュニアのご飯も美味しそう〜。ワイフやるよなぁー。

f:id:y-yama17:20190312221900j:image

f:id:y-yama17:20190313080427p:image

 

両方の両親も召集。各夫婦が2品程度料理を持ち寄ることにより、我が家の負担をなくす。

f:id:y-yama17:20190313080556j:image

f:id:y-yama17:20190313080623j:image

f:id:y-yama17:20190313080628j:image

f:id:y-yama17:20190313080619j:image

もはや、誰が主役かわからないような大宴会。。。大いに盛り上がる。

 

翌日も休み取っていたので、多摩動物公園へ。子供の時ぶり。平日でかなり空いている。というか人が全然いない。

自分的には蝶のところが一番興奮した。

f:id:y-yama17:20190313081534j:image

f:id:y-yama17:20190313081540j:image

ジュニアはゾウとキリンしかほぼ認識せず。

f:id:y-yama17:20190313081628j:image

f:id:y-yama17:20190313081633j:image

家に犬がいるから、モルモットを鷲掴みしようとして止められる始末。まぁまだ楽しくはないだろうよ。

 

最後は肩車しているにも関わらず寝落ち。

とまぁ、楽しく充実した週末を過ごしました。最近はジュニアの成長が著しくて楽しいですね。これからが楽しみだ。

 

ではでは今回はこの辺りで失礼します。