30代からのロードバイク 自転車通勤のその先に

30歳になって本格的に始めたロードバイクのトレーニング、メンテ、自転車通勤、実業団登録からその後などを記録していきます

ウィンターサイクルマラソンinそでがうら参戦 4位

どうも山です。

2018年も残り約2週間。本年もあっという間に終わってしまったという感覚もありますが、ジュニアが誕生し、自転車の練習やレースにも本格的に取り組んだりと初めてのことも多く、結構濃い内容の1年になったように思います。ブログも始めたし。

 

さてさて、タイトルの通り袖ヶ浦フォレストウェイで行われたウィンターサイクルマラソンに参加しました。

f:id:y-yama17:20181217081221j:image

結果は4位入賞。やっちまった。。。

では内容を振り返りましょうと言っても、あんまり記憶がない。

 

今回は行きも帰りも、みぞさん&ディッキー同乗で。行きはアクアラインの事故渋滞もあり結局2時間ぐらい掛かって到着。やってくれるぜ。

朝飯はエネルギー不足にならないようにしっかりと。おにぎり3個とホットドッグを1つ。

 

夏に走っているコースだったので、そもそも試走をするつもりはなかったが、結局アップもできなかった。やれたことと言えば、イッチーにリアだけ「コスミック プロ カーボン エグザリット」というホイールをお借りできたこと。本当にありがとうございます!!

巡航も楽だし、反応も良く。何よりもブレーキの効きがとても良い印象。リアだったのでフロントも入れたら、より効果を感じられると思いました。ブレーキした時にキュルキュル鳴るのが可愛らしい。

https://shop.mavic.com/ja-jp/kosumituku-puro-kabon-eguzarituto-rr0823.html

 

そんなことしていると、大ちゃんが来て。スタート位置に移動してますよって教えてくれるっていうか、お前ら何やってんだぐらいな感じでちょい怒られる。慌てて、ぐっさんにゼッケンつけてもらい移動!メンバー居るから、とても助かる。ワンピースの不便なところはゼッケン。あと、モグさんとイッチーがゼッケンをクチャクチャにしていた。空気抵抗が減るらしい。次からは真似しよう。そう言えば、寒いと噂されていたが、到着した時は風もなく日も少しは出ていたのと、私自身のミートテックによりそこまで寒くはない。

 

ちなみコースは登りが3ヶ所、緩めの長い下りが1ヶ所。コーナーは割と多いがそこまでタイトではない。道幅も広くわりと安全なコースだと思う。まぁサーキットだからね。

注意するべき箇所はヘアピン後の登り、ここが1番インターバルが掛かる。あとはホームストレートが長いのでゴール前は集団の前目で最後のコーナーを終えておいた方が良いだろうなってコース。まぁ集団の前目にいることについては、いつでもだと思うけど。

 

コースの説明もほどほどに、やや遅刻はしたが無事スタート位置に移動。まぁ最後の方に到着したので当たり前の最後尾。最近は全然緊張しなくなってしまった。ちょい悲しい。まぁ元々緊張しない方だから仕方ないけど、あのドキドキワクワク感がなくなってしまった。特に今回はなかった。メンバーが多かったってのもあるのかもしれない。

f:id:y-yama17:20181217105842j:image

今回のレース、ローリングがあってからのリアルスタート。バイク先導の方が良い感じに速度も上げてくれていってくれたので、そこまで強い負荷もなくレースが始まった。

序盤はアップもしていないので集団の真ん中?ぐらいでコギコギ。先頭を確認できる位置ぐらいで控えめに走るも、やはりアップしていないので最初の2周ぐらいはキツイ。

イッチーとぐっさんは、わりと早い段階から先頭の方に入っていった。しかも結構引いている。そんな素晴らしい光景を後ろから見させてもらいつつ、集団も落ち着いてきたのかな?そんな感じでレース中盤までは控え目に過ごす。この辺りになると心臓の方もようやく落ち着いてきたのか楽な感じになる。

ちょっと周りに危険な人がいて嫌な感じだったのと、ちょうどヘアピン後の坂あたりでアタックみたいなのが入り、1人2人と飛び出ていったところで後ろから追わないと逃げちゃうというような声が聞こえたので潰しに掛かるため強めに踏む。おそらく何人か連れて、飛び出た方を捕らえに行き、無事に吸収。

その後はあまり下がっても仕方ないので、前目にいることを心がける。おそらくこの辺りから、しばらくUKAUKAメンバーが多い状態で先頭を回す感じになる。素晴らしい。

今回のレースで1番の収穫というか良かった点は、コーナリングが得意なみぞさんにコーナーで遅れを取らなかったこと。先日CARRERAについて書いた際にも記した通り、フレームを変えてからコーナーはかなり速くなったというか、しっかりと狙ったラインを減速少なく抜けることができている。インターバルが弱くなるので脚への負担が少なくて済むので、その恩恵はかなりでかい。

そうこうしているうちにレースも残り2周となったところで150kmの先頭集団が!?全然気づかなかったというか追いつくのって感じだったが、大勢の集団に抜かされていく。

が、何名かマラソン組みも、その集団にいるらしくさらに乗って行った方も?わりと一緒に走ってた方に確認してみたところ、乗っているとのこと。っちゅうことで少し遅れつつも集団に加入する。

しかしながら、不測の事態にパニック発動!残り何周なのかわからなくなる。

最終周。下ってヘアピンに入る前に、見慣れたジャージの男が。。。さっきまで先頭集団にいたディッキーが、すんごい良い位置にいる。彼はあの位置をキープできていれば、表彰台に乗っていただろうな。で自分は周回がわからないので、サイコンをちら見、40kmちょいだったので残り2周なのか???完全に???状態に陥る。たぶん平均速度見てたっぽい。練習しないと。

順位も全くわからないまま、とりあえずマークしていてジャージも目立つ方が腰をあげたらラストだろうと判断することに。それじゃ、ダメだよなぁー。スプリントに備えるも上がらず。あれあれーというままゴールラインを過ぎ。。。終わり?って確認してると終わったらだどけと怒られてしまい申し訳無いです。だけどサイコン見ると40kmちょい(また平均速度見た)。結局集団に乗ったまま半周し、ようやく終わったことを認識し、やっちまったぁーと後悔しながら集団から降りて流してピットに帰る。

すでにハーフに出てたモグさんとバッシーさんに4位だったことを聞き、さらに後悔する。まだまだ練習不足やなー。想定外が起こると対処できなくなってしまう。いやはや本当に残念な入賞。後悔しかないてす。もっと練習しないといかんなぁ。とりあえずレース用のサイコン画面を見慣れる練習からするかな。

 

レース終了後はグロータックのブースで念願の4本ローラーに!!初めて乗ったんですけど、マジで怖い。全然うまく乗ることができない。いやー落車はしなかったけど。集中してないと本当に落ちるな、ありゃ。でも転ばなかったのは4本ローラーのお陰なのか?

スタッフの方に絶対に離さないでなどという、自転車の練習をしているような感じになっしまった。そして離されていた時には何やってんだと本気で怒りそうになった。いやはや、親切にご対応いただきました。ありがとうございます。

さらに前輪固定のやつも乗ったけど、こちらもあまりうまく乗れなかったので。。。もはや自分はローラーに向いてないのかもしれない。少し悲しい。

とはいえ、4本ローラーは特に良さそう。実走もうまくなるだろうし、楽しそうだし、あれがあれば家から出なくてもトレーニングできるし。何より止まらないから効率が良いだろうなぁーと思います。欲しい。買いたい。

 

最後に賞状もらって終了。今回、ハーフではmogさんが2位、バッシーさん4位!素晴らしい。

フルマラソンは私が4位、イッチー7位、ディッキー8位、ぐっさん13位、みぞさん16位。素晴らしい結果だったと思います。

f:id:y-yama17:20181217183502j:image

 

これにて今年のレースは終了。まぁそれなりに結果も出たし良いんでないでしょうか?経験値が低いので最後にバタバタすることが多く、もったいないレースが多々ありました。来年は改善したいと思います。全部で賞状は6枚。平坦レースばかり。まぁ本格参戦初年度としては良かったろう。としておこう。自分に甘いから。

f:id:y-yama17:20181217172226j:image

帰ってからはワイフがたこ焼き脳になってしまったため久々たこ焼き。最初は銀だこをデリバリーしようとしたが高いためスーパーで必要なものを買い作る。普通にうまいが胃が痛い。

f:id:y-yama17:20181217171423j:image
f:id:y-yama17:20181217171416j:image
f:id:y-yama17:20181217171419j:image

 

今回も無駄にタラタラ書いてしまいましたが、この辺りで失礼します。

爆風ウカ夜練 20181212

どうも山です。
先日、大学に入学して確か1番最初に話掛けてきた友達が、新聞記者になったんだったと、ふと思い出しましてね。暇だったこともあり調べてみたんです。まぁーすばらしい文章。そりゃそうかっちゅーことで早速本題に。

 

平日の夜にも関わらず、パイオニアで夜練してきました。参加はmogさんとぐっさん。まぁ小UKAUKA練ですね。
練習メニューは45分走(パイオニア6周)ってことで早速スタート。

到着前に風がそうとう強いのはわかっていたのですが、想像していた以上に強い。。。パイオニアは周回コースにて、往路は良いんです。追い風だから、復路がものすっごい向かい風!30km維持できないぐらい。さらに横風もある区間があり、1周目、2周目はフロントホイールを風で持ってかれて本当に転びそうだった。危なかったです。すみません。ここまで煽られたのは初めてかもしれない。

ということで、前半戦は特に風への注意を行いながら、ひたすら耐えしのぐ感じでローテを回します。私的には向かい風区間がとにかく辛くて辛くて。何か打開策はないかと思い試してみたのが、超頭を落とすっていうエアロポジションもどき。そう、超エアロポジションもどきを発動。
もはやメットとサイコンがぶつかるぐらい頭を落とし、サドルに座るのではなく、サドルの先端にケツの穴を突き刺すような感じで乗ってみる…。段差などで跳ねたりしたら、私の最後の砦が炎上することも恐れずに。
速度維持についてはだいぶ楽になった気がする!これまで頑張って踏んでいた7~8割程度の感じでも維持できる感じです。
しかしながら欠点も。息がしにくい。。。膝から腿がガシガシ上半身に当たる。。。つまり長続きしない。正直ちょっとやりすぎ感もあったので改良していこう。

そうこうしているうちに後半戦。
ぐっさんが結構きつそうで、4周目の中盤、先頭変わったあたりで千切れていく。なのでここからmogさんとの一騎打ちになる訳なんだが、かなり調子が良さそう(引きが強い…)。
まぁなんだかんだきついきついとか思いきや、なんとかラスト周。スタート前から風も強いしアタックとかは…。とか聞いていたけど。左折した後ぐらいから速度が上がったような?ちょっと記憶違いかも。
そいでしばらくして先頭交代。自分が前を引く。折り返して向かい風区間。どっかで交代してもらわないと死ぬなとか思いつつも、交代してアタックかけられても付いていけないっていう気持ちのほうが強くて、それならちょいペースを緩めつつ少し回復させる作戦にしてみる。ということでラストは結構引きまして最後のストレート区間
入って早々mogさん仕掛ける。マジかー仕掛けるタイミング早いなーって関心してる場合じゃないので付いて行く。
よし後ろ入れたと思ったが、残り1mぐらいが縮まらない。。。むしろジリジリ離れている感じ。mogさんが後ろ確認したので、もしかしたらペース落ちるかと思ったけども、全然落ちてこない。。。
結局自分のほうが先に気持ちと身体が切れてしまい追いつかず終了~。負けた。めちゃ悔しかった。

帰りは川沿いの強風が半端ないだろうなっていうことで環八で帰宅。結局向かい風強く不貞腐れる。夕飯は自分で用意せよということを申し伝えられていたのと、不貞腐れて帰っているときに猛烈なピザ食べたい欲が沸いたので成城石井にてピザを購入。家で焼く。電子レンジの使い方がいまいちよくわからず何度も焼く。一応ちゃんと焼けた。もう一枚は魚焼きグリルで焼いたので問題なく焼ける。

f:id:y-yama17:20181213131616j:image

どちらもおいしいがチーズとニンニクをマシマシにしたせいか翌朝の胸焼けがひどかった。

では今回はこのあたりで失礼します。

CARRERA Erakle AIRについての感想 800km乗車

どうも山です。

年末にかけて忙しくなるかなぁーと思っていたら全然で拍子抜けしております。

最近は急に寒くなり、自転車通勤では身体からオーラ(湯気)が出る季節になりました。冬の方が装備は増えますが、汗の処理はなくなるため個人的には楽です。それもあったか通勤経路の自転車通勤民が増えているように思います。

 

さてさて、10月の終わりに下ろしましたCARRERA Erakle AIR(以後、カレラ)ですが、既に800km乗っているようなので乗った感じについて記録に残しておこうと思います。感覚的に書いているだけなので参考までに留めてください。

f:id:y-yama17:20181212132532j:image

ちなみに以前はピナレロ fpクワトロ2012に乗ってました。あと通勤車はGIANTのdefyアルミでエントリーモデルかつボロボロです。

とりま、まとめから。

 

・コーナーの安定感がすごい良い

・いわゆる硬いと言われるフレームだと思う

・坂は登れないことはないけど、楽ではない

・スプリントなどダッシュの掛かりが良い

・巡航は疲れる、脚にくる感じ?

・乗っている人はほぼいない、見かけない

 

と、こんなところでしょうか。では、ちょろちょろ掘り下げて書いていこうかね。

 

・コーナーの安定感がすごい良い

これが1番わかりやすく変わったというか、一番強く感じたことですね。ツインリンクもてぎエンデューロでは、コーナーでの安定感がとても良く、優れているなと思いました。バタつかないというか安心してバイクを倒すことができ、狙ったラインにしっかり乗れるような感じ。今までのレースではコーナーで遅れる傾向があったのですが、あまりなかったように感じます。今度参加する袖ヶ浦フォレストウェイのマラソンの方がコーナーはタイトなので、そちらでもしっかり曲がれれば確信に変わるでしょう。あとは大磯クリテとかね。

レースではないですが、彩湖の土手上に上がる時とか、下りる時とかも良い印象を受けてますね。むしろ最初はキビキビ曲がるので、ちょっと怖かった。

 

・いわゆる硬いと言われるフレームだと思う

フレームの形状ですが、全体的に細い形状なのです。ただ、BB周り、チェーンステーなどはかなりしっかりした作りになっています。モリッてる。エンド(ホイールつけるとこ)もガッチリしている感じ。
形状もさることながら、乗った感じも硬いのかなと感じている(半信半疑でもある)ように思います。ちょっと鈍感なのと、他のバイクに乗ったことがないのでね。本当なのかよと自分でも思いますが、ピナのときには、たまーに感じていたふにゃんとした感じというか後ろ髪引かれるような感じというか、はなくなったかな。
フレームの話ではないのですが、ふにゃっとした感じがないのは、WISHBONEのBBも要因の1つかなと思います。音なりなども全然無いし、クランクも良く回るかなって思う。まだ外してはいないけど、ねじ切りで外しやすいはずだろうし、ちょっと値段は張るが個人的にはオススメですね。
とにもかくにも、体重の重い自分にとってはなかなか良いフレームに出会えたなって感じですね。


・坂は登れないことはないけど、楽ではない

ピナよか楽に上れるかなとは思ったけど、正直そんなに変わらないかなって感じですね。とにかく自分が遅いので速い人に試して欲しい。って感じ。


・スプリントやアタックなどダッシュ系の反応良い

踏めばしっかり答えてくれるというか、反応は以前のピナに比べるとだいぶ良いですね。むしろピナについては反応がそこまで良くなかったのかな?もしかしたらVISIONのホイールも影響しているのかもしれませんが、通勤車のジャイアントの方が速いんじゃないか疑惑を度々思うことがあったので。実際にそんなことはなかったんですが。
カレラについては、アタックに反応するにしろ、自らスプリント掛けるにしろ、トップまでに掛かる時間が少ないというか、力を込めただけ受け止めてくれる感じがありますね。先に書いた硬いと似た感じにはなりますけど。ちなみにトップスピードも更新できたんじゃなかったかなって思います。ちゃんと見てないからちょっとわからないけど。

クリテでは結構力を発揮してくれるのではないかと思いますね〜。楽しみです。そのかわりロードレースと言う意味では少し弱いのかなぁー。って感じ。この後に書く疲れるってこともあり。

 

・巡航は疲れる、脚にくる感じ?

良いことばかり書いていても仕方がないので、気になる点についても記載しておきます。単純に能力不足なのかもしれませんし、身体的な問題かもしれませんが、とにかく疲れます。具体的に言うと腰(おしりの上)の遅筋がすごく疲れてきて、その後背中もきつくなってきます。わりと強度が高い状況でしかカレラに乗っていなかったのですが、先日軽めに乗った際にも痛くなったので、そういうことなんだと思いました。なんだか無意識に力んでいるような感じ。もしかしたらサイズが合っていないのかとか思ったりもしてますが。
あともう1つ巡航が疲れる理由としては振動が結構すごいですね。手がしびれました。あんまり痺れないんだけどね。

ロングライドだったり、ゆっくり目のポタリングだったりにはあんまり向いてないのかなーって思います。まぁレース向きなんでしょう。自分としては、それ目的で買ってるから良いんだけど。

 

・乗っている人はほぼいない、見かけない

少し寂しくはある。たまにいると嬉しい。そんな感じ。人気はないのかな。この辺は、どっちでも良い。あとは見た目が真っ暗すぎてちょっと悲しいかなってぐらいですねぇ。

 

ではでは今回はこの辺りで失礼します。

インプレ系の記事は書くの楽しいけど、感じたことを書いているだけで根拠はないので、ご参考までに〜。

20181208UKAUKA練と週末について

どうも山です。
急激に寒くなりました。さらに乾燥もすごいですね。我が家では、寒くなったこともあり鍋にしたのですが、まさかのカセットコンロが壊れていてガス漏れする…。変なところというかガス管の先端部分から火が出ちゃいましてパニック。危ないのですぐに新しいのを購入しに行き、無事鍋は食べることができたのですが。

さてさて12月最初の週末はUKAUKA練から。

f:id:y-yama17:20181210131300j:image

土曜日の早朝にも関わらず環八は車が多かったです。自走で彩湖まで行き、駐車場で合流。寒かったこともあり長袖ジャージを受け取る。とても良い感じです。ありがとうございます!

 

さっそく練習について、参加はmogさん、ミゾさん、ぐっさん、イッチー、でぃっきー、おにくさん。そして私の合計7人。内容は1時間エンデューロ的な感じで最初の4周(1周目はアップ)はアタックなし、5周目からはアタック解禁で合計8周。12/16の袖ヶ浦サイクルマラソンを見越しての練習です。

最初のアップ時に先頭で一周回してしまう。これが良くなくて2周目先頭ぐっさんと、みぞさんも長めに引いてしまっている。申し訳ないです。
ペースは4周目までわりと緩めで、まぁそこまできつくない感じ。彩湖の土手上は空気が澄んでいるのもあり遠い山並みが見えてとても景色が良いですね。また袋を落としてしまい邪魔になってました。誠に申し訳ありません。無事回収はできました。

さて5周目。自分はアタックとかをせずに付いて行くスタンスであるので待っているとmogさんがファーストアタック。集団はmogさん、イッチー、でぃっきー、おにくさんと自分の5名に。
そこからさらにmogさんのセカンドアタック。こういった積極的なところは見習わないとダメだなーと思いつつ、残ったのはmogさんとイッチーと自分の3名。後ろが2人だとわかっているので少しペースを落とす。自分も寒くて上がりにくいとはいえ、心拍170程度で抑えられていたのでちょい辛いぐらいのペースで進んでいきます。

残り2周となった土手上でイッチーがペースを上げるダンシング。ペースが上がり血の味がし始める。こっからは最後まで我慢の始まり。

 

最終周

土手上までは特に何もないが、土手上で再度イッチーがペースを上げてくる。その後、モグさんが出てくるのかなって思ってたら、前に出たので付いて行こうかなと思ったんだけど、イッチーが絶妙なところにいたので前に入れちゃう。後ろから見ててイッチーは結構キツそうだったからペースが落ち着いたところでアタックしてみる。少しだけ離れることができ、このままいけるかなーっと思って後ろ見ると距離が少し縮まっていたので、無理と判断しペースを落とす。土手降りる手前あたりでmogさんが後ろに。

こここらはmogさんのロングスプリントを警戒しながら。やはり結構早めに仕掛けてきたので、しっかり後ろに入る。自分が踏めるタイミングまでは前に出ず離れないように注意しながら走り、そろそろ行けると思いラストスプリント。ある程度距離が出たので、勝ちを確信してゴールできた。

f:id:y-yama17:20181210131321p:image

ぐっさん動画と写真ありがとうございます!

ひさびさにトップで入れたので、とても嬉しい。あと、1hとかでは初なので、合わせて嬉しかった。袖ヶ浦に向けて自信につながったな。袖ヶ浦はなんとか入賞までには食い込みたいなぁー。どうだろうか。

にしてもイッチーのコーナーがものすごく速くてびっくりした。バイクコントロールもそうだろう(倒れてるボトル拾ってたし)けどチューブレスの恩恵もあるということで興味がわくばかりである。自分みたいな重量級にはどうなんだろう。

 

練習後はしっかり談笑して、帰りはみぞさんと帰宅。家についてペペロンチーノを作って食べる。コンソメスープベースの汁多めで結構美味しくできた。

f:id:y-yama17:20181210131514j:image

そのあと、靴を大量に処理するため靴流通センターに。割引券をたくさんもらうも、使いきれないだろう。

その後、ずっと行ってみたかった近所のスーパー、パワーラークスに行ってみる。やはり、すごい楽しいスーパーで肉とか魚はなかなか変わり種もあり魅力的。野菜も安いし。しかし世田谷店は1月で閉店らしい。。。もっと早く行ってればよかったぁー。ということで夕飯はおつまみパラダイスに。

f:id:y-yama17:20181210131716j:image

2019年は休肝日を作ろう。

 

翌日の日曜日は午前中に緩く体脂肪燃焼を心がけ心拍160ぐらいで有酸素ライド。そのあとは水槽をいじくる。なんとかここまでには、なった。ちょっとずつ進めていく。いろんなもんも捨てられたし。

f:id:y-yama17:20181210132058j:image

そんなことしてたらあっちゅうまに週末終了。あぁホイールが欲しい。リアホイールが欲しい。

ではでは今回はこの辺りで失礼します。

9月、10月、11月を一挙に振り返り

どうも山です。

突然寒くなったような。そこまで寒くないような。とうとう2018年もラストの月、そう12月になってしまいましたね。年賀状の準備やら大掃除やら、忘年会や駆け込みの仕事など忙しなく動いているかと思います。私も珍しく、ちょっとバタバタとしております。仕事ね。

さてさて、ずいぶんとしていなかった振り返りです。9月、10月、11月を一挙に振り返っていきたいと思います。

f:id:y-yama17:20181206110516j:plain



■9月

f:id:y-yama17:20181206112329j:image

落車!以上!と言っても過言ではありません。そこから2週間以上休んで、体重も6〜9kgぐらい太ったかな。後半から通勤は復帰するもギックリ腰にて再度お休み。ただ、意外と408kmは乗っている感じでした。

 

■10月

f:id:y-yama17:20181206112317j:image

月初は引き続きギックリ腰にてお休み。3日は動かず、全体で5日はまともに動けないといった形。痛いというよりも身体に力が入らない。何もできない。
ようやく第2週ぐらいから通勤のみ再開。

と、同時ぐらいで初の海外通販でCarrera Erakle AIRを購入し、バラ完しました。自分的にはすごく良い自転車だと思っております。

y-yama17.hatenablog.jp

走行距離ですが、705kmという感じ。まぁ復帰してなので良い距離なのではないでしょうか。

 

■11月

f:id:y-yama17:20181206112202j:image

先月は本格的に復帰しまして、まぁ結構充実した日々を過ごせたかなと思います。

チームの沖縄出場組(主にイチセンパイ)が開催していた千葉練の参加から始まり。大磯クリテでお知り合いになった方々とロング行ったり、締めは初めてエンデューロ出たりと。エンデューロは落車後のレース復帰でもあったけど。とてつもなく怖いですな。ってのが印象。しかも10位っていうね。。。

y-yama17.hatenablog.jp

走行距離は久々の1000km超えの1062km。腰痛もあり、結構休み休み乗っていたにも関わらずこの距離を乗れたのは、先程記載の通り、千葉練やらロングライド、あとは主に大ちゃんと行った夜練ですね。半分ぐらいの距離を稼いでいると思います。やはりチームメンバーやら自転車お友達と走ると距離や強度は増えますね。1人よりぜんぜん楽しいし、ありがたい限りです。去年の今頃UKA UKAに入りたいとドキドキしながら連絡していたのが懐かしい。2018年はとにかく知り合いがめちゃくちゃ増えた年でした。それまでの付き合いを一気に切っておりますが。

 

ではでは、今回はこの辺りで失礼します。短く終われたと思う。

モテギエンデューロ秋 2hソロ参戦、結果10位

どうも山です。

レースが終わって丸2日経ち3日目ですが。脹脛がバキバキです。歩くの痛い。翌日よりも2日目の方が身体が痛くなるあたりで年齢を感じますね。辛い。

 

さて、ブログの1記事を短くしてパッと更新できるようになろうと思っているので、早速本題に入ります。結局めちゃ長い。。。なんか誤字脱字支離滅裂だし。はい。

 

ツインリンクもてぎで行われた、モテギエンデューロ秋(2018)に参加してきました。
f:id:y-yama17:20181126211330j:image

UKAUKAからは大ちゃんと私が参戦。ほかメンバー(イッチー、コンちゃん、ディッキー、S君)も企業対抗7hに出ており、会場ではわちゃわちゃしておりました。いろいろとありがとう!

さて今回のレース、落車後の復帰レース兼、初エンデューロということで、かなり気合が入っていると思いきや。。。まぁ、楽しもう程度で考えていました。ほぼやる気なし男。

午後からの出走だったので、朝は結構ダラダラしながら会場に12時ごろ到着。
ツインリンクもてぎですが、想像以上に大きい(広い)ですね。南口と北口を間違えて到着まで15分以上、余計に掛かってしまう。
到着後は、すでに現地入りしているメンバーや大ちゃんとも無事合流、応援したりフラフラしていたら、なんだかんだで並ぶ時間に。結局ノーアップ。
ちなみに袖ヶ浦の時とか攣ってしまっているので、朝ごはんは白米多めを2杯。そして、目玉焼きやウインナーや味噌汁。さらに会場入り前にパン5個とか。あとバナナ2本を食べました。いつもレース前ちゃんと食べないから、今回はちゃんと食べましたね。

 

で、並ぶ。だいたい50番〜80番目ぐらい?いつもなら心臓ばくばくするはずなのに、そんなにしない。大ちゃんと並んでいるが、大ちゃんはめちゃ気合が入っており緊張しているとのこと。なんと私とのワンツーをイメージしているというから、すごいイマジネーション能力だなと感心していました。が、流石にそれはないだろうとか話していたら、そろそろスタートに。

f:id:y-yama17:20181126133123j:image

イッチー。写真やら、ウエア受け取りやら、ありがとう!コンちゃんも出走前に応援来てくれて嬉しかったー。本当に助かりますね。1人だとこうはいかないから、やはり仲間がいると良いです。とにかく楽しいし。

 

さて、スタート後は登りの手前ぐらいまでローリングと聞くも、試走できていないのでわからない。とりあえず、大ちゃんを目視できるところに置きながら、1周目は様子を見ることに。まぁ、2間もあるわけだし。
個人的には1~1.5時間ぐらい頑張ったらドロップアウトしたいなぁーと呟くと、大ちゃんにダメと言われ、最後まで付き合えと怒られる。1時間もしたらヘロヘロになると思っていたし、疲れちゃうなぁと思いつつ。。。そうこうしているうちにスタート時間が近づく。さすがに緊張してきた。

 

そして、カウントダウンとともにスタート!

いきなりS字?のような下りでトンネル突入後、すぐに登りへ。平均3%程度でダラダラと登っていきます。ギリギリ耐えられるぐらいの勾配だけど、アップしてないもんだから心臓ばくばくで苦しくなる。登り切ると左に曲がりながらのダラダラ下り?が続く感じです。大ちゃんは自分の2列前あたりにいる感じ。集団はまぁまぁのペースですが、逃げが出るようなこともなく落ち着いております。

集団のペースに合わせながらコーナーなどを確認し、そこまで難しいコーナーもないし平気かなという印象で1周目を終わらせる。
先頭集団は50〜70人ぐらいいるのかな?って感じでしたね。シマノ鈴鹿のような感じ。

 

2周目の坂を登り終わりぐらいで、大ちゃんに声を掛け、「いるよー」ということを伝えていたような。
集団内は正直かなり怖い印象で、まぁ狭いところにガシガシ突っ込んできたり、ライン変更あったり、ぶつかってたり、ペダルヒットしてたり、コーナーがっつり膨らんでたり…。みたいな感じでしたね。今そんなに頑張っても。。。とか思いつつ、なんとなく危なさそうな人はレース中にチェック。近づかないか、譲るかする。
2周目の後半あたりあから3周目にかけて先頭のペースが上がっているように感じる。自分の位置から1番先頭の人が結構遠い場所に。。。先頭集団も分かれていることが確認できたので、さすがに追うかなーという感じで上り坂の途中で大外からブリッジをかけることに。
大ちゃんもし付いてきており、影を確認しながら先頭集団のお尻をめがけて追い掛け始める!ヘアピン後しばらくして「交代しましょう!」と声があり、大ちゃんと先頭交代。が、後ろに付くのがギリギリな感じで危うく千切れるところに…。なんとか食らいついていると先頭集団にも追いつき、無事ブリッジ成功な感じでした。
先頭集団の最後尾、先ほどの大集団とは違い、風もありかなりきついです。かなり強く踏んだので、心拍も190を超え完全にレッドゾーン。あーこれローテで自分が前出たら死ぬやつだなーとか考えながらついて行く。
そして、4周目だか5周目の上り坂。結局、大きな集団に吸収される…。さっきのがんばりっていったいと思いつつも、まぁ、心拍落ち着かせるため悪あがきせずに素直に吸収され、集団内でダラダラと漕ぐ。集団内に入れればそこまで辛くはなく心拍も170~185の間をい行ったり来たり。

f:id:y-yama17:20181126193531j:image

オレンジのメットですね。動画あざす!


このあたりから、チラホラと千切れていく人がいたり、中切れがあったりするような感じです。とにかく一番先頭は目視で場所を確認できる位置からは後退しないよう心がけ、コーナーなどではある程度間隔を空けるような感じ。「入りたければ前どうぞ」というスタンスでダラダラ漕いでいました。そこまではぁはぁ息遣いが荒くなる訳でもなく。わりと余裕がありました。勝ってないのによく言うよ。

1時間経過するぐらいで、大ちゃんから声が掛かり「あと1時間ですねぇ。疲れた」といったようなやり取り、まだまだ余裕そうな感じを受ける。自分はそろそろやめたい感じ。なんか怖いし、お腹いっぱいっていう気持ちが強い。

そして、私としては未知の世界に突入開始。休まず、足をつかないで1時間以上のレースに出たことがない。というか自転車にそのような形で乗っていたことはない。ということで、追い打ちを掛けるかのごとく、右足の前腿と脹脛の攣りフラグが見事に立ちます。どうしたもんかなー、ここまで頑張ってきたし、大ちゃんいるし千切れる訳にもいかない。なので、いろいろな形を試し、どうにか攣りフラグを収めようと努力します。
まず、ダンシング=即アウト。もはや攣った。次に水分補給。これはちょっと時間経たないと効果がでない。
で、つま先を上げる感じで漕いでみる。と、すごい楽。ペダリング自体は正直回しにくいが、攣りそうな前腿と脹脛への負担が少なく回せる。そしてペースも少し落としつつ(集団のペースも落ちていると思う)。1.5周程度をつま先上げペダリングで耐えしのぎ、水分補給の効果も出始める。そして、なんとか釣り寸フラグはやり過ごすことができた。このレース1番の収穫。

さらに!先頭を見てみると、新城選手が先頭を引っ張っている様子が見える。感動する。そのあとハンドサイン出して前に入った時も嬉しかったな。ミーハーです。

集団は、スタミナも集中力も切れ始めているのか、かなり危険度が増している感じです。ゲストで走ってくれていたマトリックスパワータグの選手から「安全マージンしっかり」と劇が飛んでいたような。その通りだと思い、より集中して走る。今回のレース、私かなり怒っていたように思います。。。ほんとに危ないんだよね。って感じ。いつもこうなのかな?一番怖いレースだったかも。鈴鹿も怖かったけど、より怖い。

このあたりからは7時間エンデの先頭選手も集団に加わっているよう。もっと前からかな。沖縄を制した選手もいらっしゃるのて、おぉーと思うけど、あんまりよく見えない。
※この辺は情報が前後しているかもしれないです。

で、レースも残り30分を切ったあたりで大事故。V字カーブが終わって下りの右カーブ(トンネル手前)で落車発生。自分の右側(カーブ内側)の選手がハスッたのか、ペダルヒットさせたのかバランスを崩して転倒。下りということもあり、かなりの速度で転んでいる。激しい音と共に後続車が突っ込んでいる模様。音がエグかった。自分もコース外側に弾き飛ばさせる感じで避難。(これに大ちゃん巻き込まれてしまった。。。レース後に知ることになる。)

直後、先頭集団は落車があり一機にペースを上げている。そりゃそうだ。しかし、自分はほぼ最後尾で一瞬振り向いた(落車を確認)こともあり遅れを取る。でもね、下り坂でデブなので辛いが追いつくのですよ。その後、ペースはそのまま続いてまじ辛い、血の味がし始めましたな

ラスト周の前周は、時間的にもラスト周になりそうだったので。ペースそのままというかさらに上がっていく。千切れていく人もいるので、なるべく前目で展開しようと心がけるも、なんか、もう一周いけるかも的なアナウンスが聞こえたのか、集団最後方あたりで待機していたような、前にいけなかったような。。。
で、20秒を残して最終周回へ。入った直後「これが最後ですよね?」と話しかけられ「そうだと思います」と返答する。
自分としてはとにかくアタックに、しっかり乗るようにするのと、可能な限り力を抑えられるようにするという意識で走ります。登りあたりで一発アタック入るかと思ったけど、それもなく。下り後のトンネルからは10番手以内を目安にしながら、力を残すことに注力する。正直、このあたりまでの展開は〇だった。

その後、若干の上りを終えてホームストレート手前のコーナーより100mぐらい手前か、もうちょい手前でアタック的な感じが入る。自分も乗り、後方で出るタイミングをうかがうも、最終コーナー手前から失速している感じ…。というか加速してないのか?そして左右からはガシガシ選手出てきてしまって、完全に乗り遅れる…。やっちまった。もっと早く仕掛ければよかった。。。

なんとか内側から出られるタイミングになり、ようやくスプリントを掛けるも、何名か抜けた程度で終了。しかもゴールラインも微妙に間違るっていうね。。。いやー最後出し切れずに終わった感で後悔がすごい…。2時間も頑張ったのに。

f:id:y-yama17:20181126193544p:image

ということで結果は10位でした。随分と長く書いた。ゴール後イッチーたちにこんなに寄ってたんだ。あと、タッチを求める方にタッチしましたね。10位だけどねw

このあとは、まぁ諸々のことを聞いて、知り。結構落ち込む。

 

 

はい、今回のまとめ。

 

・カレラさん、コーナーの安定感が半端無い、そしてよく進む

・攣りそうなのを工夫して耐えられたのは良かった

・最後のスプリントは、なるべく早めの方が長距離レースの場合は有効そう?ゴールまでの逆算で体力ゼロになるタイミングで発車しても良いかも

・モテギの登りはなんとか対応できそう

・やる気を持ってレースに望むべき(勝つ気)

・もっと事前に調べるべし

 

ここまで勝負できるとは思ってなかったので、ある意味勝負できて良かったレースだなとは思ってます。エンデューロ初めてだし。

終わって戻った時に、コンちゃんから1番リムが低かったと言われ、確かに!!鉄下駄だったからさ。。いや、まぁとても良いホイールなんだけどね。早くカーボンディープ欲しい。そろそろボーナスが。。。パワメもないしねぇ。

その後、今回の連休は那須に行っていたのでゆーっくり。自転車にも乗らずノンビリ家族と過ごしましたとさ。終わり。燻製はいつもながらマジうまい。あとジュニアが立った。。。まぁちょろちょろ立ち上がってたけどね。

f:id:y-yama17:20181126211442j:image

f:id:y-yama17:20181126211448j:image

では今回はこの辺りで失礼します。

グルメライドという名のバチバチロングライド練

どうも山です。

先日は日本でも有数の有名レース。ツールド沖縄が開催され、そして終了しましたね。いつかは出てみたいものです。オフに入られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は怪我もよくなってきたので夜練に参加したりと元に戻りつつあります。
最近強く感じていることといえば、ブログが長い!読みにくいと読み返してみて思ったので、もう少しまとめて書こうと思っております。書くのに時間もかかるし。ていうここまでが長いんだが。そして、今回もクソみたいに長くて読みにくくなったが。

 

タイトルの通り、グルメライドに参加してまいりました。私としては、こういったライドは初めてで。とても楽しみにしておりました。いつもは30分~1時間程度の周回練が多いのですが、千葉練と今回と2週に渡り長めに乗れたので楽しかったです。

メンバーは大磯クリテなどでいつもお世話になっているメカさんSさん、そして初めてお会いするOさん神奈川組と、チームメイトであるミゾさん(一応、私とミゾさんで東京組)の5名ロングライドです。
かねてよりロングライドをしましょうとお話ししていたのがついに実現した形です。では早速当日を振り返ります。

 

まず、朝は矢野口のローソンでミゾさんと待ち合わせ。そのまま尾根幹を進み集合場所の橋本駅周辺にあるコンビニまで。今回は神奈川組と東京組がいたので橋本集合ということで。場所的にはちょうどよさげですね。相模湖やら宮ヶ瀬やら、そのあたりでライドの場合の集合場所には最適です。イートインがあるコンビニが良いと思いました。

合流場所の橋本には予定通りに到着。神奈川組も無事到着で久々の再開!約1年弱ぶりです。久しぶり&初めての方もいるので、挨拶がてら早朝のファミマできゃっきゃっしつつ…さぁスタート!

なお、今回はSさんがすべての行程を組んでくださり、感謝の限りなのです。。。が、待ち合わせ後いきなり結構なペースで漕がれております。。。はっきり言って「き、きつい。。。」このまま100kmを走り切るのか…。そうこうしているうちに第1の目的地、橋に到着。眺めが最高です!が、車通りもあるのでちょい注意が必要。

f:id:y-yama17:20181113134011j:image

f:id:y-yama17:20181113134031j:image

f:id:y-yama17:20181113134110j:image

その後、第2の目的地。山のハチミツのお店へ行くため早々に出発。きつい感じで巡航(ツキイチ)しておりますと、牧馬峠へ到着。そしてアタック開始!我々一行は413より入っていくルートで登りました。牧馬峠は短め?ながらかなり勾配が高く、まぁきついきつい。これまでアウター縛りで気持ち的な貯金を作っていましたが、直ちに貯金を下ろしインナーへシフトチェンジ!

まぁ貯金を下ろしたところで、私は5%を超えたあたりから体重がもたらす重力に勝てなくなりますが故、ものの見事に千切られます。。。にしてもOさんとSさんはとにかく速い。というかペースが落ちない。リズム良く登られていきますねー。途中で見えなくなる…。

一応3番手で牧馬峠の頂上に到着…。マジきつ、はぁーはぁーもんです。なんとなく成木な感じに似ておりますね。
その後、メカさんがガッツポーズで到着するなど、全員揃ったところでダウンヒル。と言ってもグニャグニャ道なので注意しながら降りていきます。
そしてついに、山のハチミツのお店到着!ここでたいやきを食べる予定だったものの・・・・・・・・。

やってない!!!!どどーん!

f:id:y-yama17:20181113134153j:image

f:id:y-yama17:20181113134216j:image
早く着きすぎてしまったようです。仕方ないので水分休憩でお店前にあるテーブルで談笑していると…。

 

 

ピロピロピロリン~♪と自動ドアの開く音!?が!!
開いたー開店した模様です!奇跡や。時間は9時ちょいとかだったでしょうか?まぁ開店時間とかアバウトなんだろうな。

早速お店の中にいらっしゃる店員さんのマダムに声をかけてみるも、たいやきは焼くのに30分ぐらい掛かるらしい。そりゃそうか。ダメ元で昨日の残りとかあればと聞いてみたところ。

あるということ!で快く出してくれます。さらにオーブントースターで焼いてくれる(自分らで焼いた)!一口食べた後にハチミツをかけてくれる(重要)のですが、それが絶品すぎる。疲れた身体に染みますね~。

f:id:y-yama17:20181113134305j:image

f:id:y-yama17:20181113134258j:image

タイ焼きも大きすぎず、で値段もお安い80円(2018/11/11時点)。私は栗とカスタードを食べました。季節によってメニューは変わるとか。ぜひ、近くに寄ったら休憩がてら寄ってみると良いかと思います。私もまたリピートしようと思っています。ハチミツはとてもおいしかったので、今度車(自転車ではきつい)で買いに行こうかな。おばちゃまもとても気さくな感じで良かったですね。

さぁ、補給もしっかり済んだところで次の目的地であるヤギまで。雛鶴峠です。トンネル付近にヤギが住んでいる(飼われている)ようです。
途中、メカさんを先頭に良いペース(景色が見られる感じ)で進んでいきます。

f:id:y-yama17:20181113134357j:image

そうそう、こういう景色などを楽しみつつ、グルメを堪能するライドだと思ってましたー。ふーん楽しい~♪

が…しばらくすると、下りからの登りでOさんがアタック??すかさず、それぞれが反応してしまう。
メカさんは「あーもう」的な声を漏らしていたような…。結局、私がトイレ休憩をしたいと申し出ていったん休憩になり全員が合流。アタックではなく惰性でそのまま登ろうとしたんだけど、ということでしたwちなみに雛鶴峠を登る時にトイレに行きたくなったら「秋山トイレ」がオススメです。すごくきれいです。

そこからランチ予定の場所(ビストロラント)を確認したりとかしながら進みますが、頂上に向けては、各自のペースでということになったような。。。

雛鶴峠は先ほどの牧馬峠に比べると勾配はなだらかな感じになりますが、少し長いようです。なだらかとはいえ、途中で10%ぐらいの登りもあったりと、なかなかに楽しめる登坂ではないでしょうか。

私はOさんとSさんに着いていくような感じでなんとか食らいついていきます。Oさんはほんとに淡々と一定ペースで踏んでいくようなスタイルのように感じました。そのペースについて行ける訳もなく、どんどん離されていく。自分のペースが落ちてきたところで、Sさんにも抜かれるも。が、ここはなんとか食らいついていき、Sさんがペースを上げて、そろそろゴールのトンネルがあるような雰囲気だったので、自分もペースアップ。そしてトンネル見えたところで、ガッツスプリントもどきを。ここは2番手でなんとかゴールだけども。Sさん全然余力あったんだろうなと思います…。

f:id:y-yama17:20181113134525j:image

 

f:id:y-yama17:20181113134511j:image


f:id:y-yama17:20181113134518j:image

トンネル入り口あたりで少々休憩(危ないので路肩に上がった方が良いです)し、ツールド沖縄の途中経過などもOさんスマホで確認。

で、お目当てのヤギも見学しつつ〔登っている際にはまったく気づかなかった)。本当にほぼ放し飼いのようになっていますね。一応縄は着いているようだけど。

f:id:y-yama17:20181113134541j:image

そして、下って行きまして饅頭を買う。もはやアンマンの雰囲気を持つ大きな饅頭です。味噌と餡子が選べます。私は味噌にしましたが、とても美味しかったです。少し塩っ気も欲しかったので、一気に回復。

f:id:y-yama17:20181113134612j:image

f:id:y-yama17:20181113134615j:image

f:id:y-yama17:20181113134805j:image

で、今度はランチ場所のビストロラントへ。下りなのであっという間に着きます。店内は広々としていて、かつテーブルも大きいしゆったりできますね。

f:id:y-yama17:20181113134836j:image

私は牡蠣スパゲティの塩大盛りで。。。とにかく食いまくってる。消費カロリーを、ほぼ摂取するというね。

f:id:y-yama17:20181113134854j:image

味は普通に美味しい。カレーも少し頂戴したりして、カレーの方が美味しいかも。

ランチしながら沖縄の市民210のラストも見られたし、とても良かった。綺麗に大逃げで決まりましたねー。素晴らしい。コーヒーまで飲んでかなりゆっくりし帰路へ。

少し道を変更して、チーム右京の宿舎とかを見ながら帰ります。車がすごい激しく通るなと思ってましたが、道志道の通行止迂回路になっているようですね。もちろん帰りも千切れ千切れ。さらにハムスト攣り寸でヘロヘロ。

f:id:y-yama17:20181113134928j:image

f:id:y-yama17:20181113135016j:image

この先から通行止の模様。

最後橋本駅付近のコンビニで少しお話しして解散!また行きましょうと約束しつつ名残惜しながら帰ります。

いやー、150km越えでこんなに登ったことは今までにない気がします。そして、グループライドは楽しすぎますねぇ。あれだけ食ったにも関わらず、一応2kgは減ってました。まぁスポンジになってるだけですぐに戻るだろうけども。

今回も登れなかった。。。もう少し登るようになりたい。やはりヨダレ出るほど追い込んでるということなので、まずはヨダレをたらせるよう(追い込めるよう)になりたいと思いました。自分に優しく、そこまて追い込まないので。。。それも実力だろうなぁー。あとはテンポだったり坂の反復練習だったり、自分に合ったギア比を見つけるなりでしょうね。傾向としてはガシガシ踏みすぎて、先に脚が終わる感じが強かったなと感じました。

まぁ、あとロードバイク乗りはサドルにまたがると、8割型詐欺師になることがわかったということですかね。

ではでは今回はダラダラと日記みたいになりましたが失礼します。もう少しうまく書けるようになりたい。。。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 以下、広告です。