30代からのロードバイク 自転車通勤のその先に

30歳になって本格的に始めたロードバイクのトレーニング、メンテ、自転車通勤、実業団登録からその後などを記録していきます

富士ヒル 2019 銅(ブロンズ)悔しいカレー!

はい、山です。

ご無沙汰しております。しばらく書いてませんでしたが、なんと富士ヒルに参加してきました。ので、レポートを。

 

まずは結論から。

1時間18分18秒21

銅(ブロンズ)悔しいー。

ちなみにスペックは32歳、体重86kg(当日測定)、カレラのエラクルエアー、カーボンディープホイールって感じで全体的に重量級です。ステムとトップチューブにはシルバー目安のタイム、平均速度の表を貼っていました。奇数のkmと区切りkmですね。写真撮り忘れた。

 

長いのでページ内リンクを貼っておきます。

エントリーからスタート前まで

富士ヒル本番について

山頂に運んでもらった持ち物

まず、まとめ

  • 試走はしておいた方が良い
  • トイレは済ましてくるのがオススメ
  • 必ず出るなら荷物は前日に預ける
  • 1合目終わっても辛いよ。ずっと登ってます。
  • 天候が不安な場合、防寒具をたくさん用意
  • なるべくなら近場に宿泊するのが楽だと思うよ

 

エントリーからスタート前まで

本番前日、無事にエントリーを済ませる。前日エントリーしかない。代理は可能。今回の富士ヒルはエントリーから本番まで終始、大ちゃんと共に行動。やはり経験している人がいると大きいし、移動も楽しめるのでとても良かった。

f:id:y-yama17:20190611130433j:image

エントリー会場では、いろいろと物販が出ているので、夫婦お揃いでと思いワイフと自分に靴下とヘアバンドを買った。想像以上に高くてビビる。ものは良かったので後悔はしてない少ししか。あとは試し履きさせてもらったCRONO(クロノ)のシューズがバッチリ自分の足に合ってデザインも良く、次はこれにしようと強く決意する。高い!

帰りに猪のホウトウをいただき、これで本番は猪突猛進だと粋がり帰宅。ガードポールを破壊してしまう。猪突猛進をここで発動させてしまった。かなりパニクりましたけど、人ではなくて本当に良かった。事故処理等して帰宅。道なんか譲らなきゃ良かった。一気に疲れる。

翌日。一時は出るのやめよう(事故ったから)と思うも、ワイフも出た方が良いと言ってくれたので、深夜3時15分ごろ出発。4時30分ごろには駐車場に到着。駐車まではすんなりだった。私は今回、富士山パーキング(旧:富士北麓駐車場)に駐車しました。結果、出て良かった。

今回の富士ヒルで一番驚いたことは参加人数もさることながら、トイレ(大)は長蛇の列になる!ということ。なんなら、するまでに1時間ぐらいかかるんじゃないかって感じ。なるべく宿かご自宅、道中でしっかりされるのをオススメします。

なお、私は家でもしたし、駐車場のトイレにも割と早く並んで15分ぐらいで排出させました。しかも、かなりしっかりと。下の並びは会場の仮設トイレ。先頭集団の様子で、さらに7倍以上並んでる。

f:id:y-yama17:20190611130503j:image

会場までは自転車で向かい無事到着も、ギリッギリに荷物を預けられました。

f:id:y-yama17:20190611130536j:image

会場では、いろいろお知り合いがおりまして、お話しさせていただいたり。あとはチーム員とくっちゃべる。さらにウェーブで並んでいる際もお知り合いがおりリラックスしてスタートを迎えることができました。ありがとうございます。

f:id:y-yama17:20190611130637j:image

 

富士ヒル本番について

スタートです。最初はパレードランです。しかも順位を競うようなレースではないのでゆるゆるスタートします。お知り合いも近くにいたので談笑しながら。かなりリラックスモードですね。わりと90度、左に曲がりしばらくすると計測開始位置に到着。料金所のゲートではないので注意。ピロピロ音なっているし道に緑のマットが引いてあるので、わりとわかりやすいですよ。

f:id:y-yama17:20190611130653j:image

スタート位置からは流石に軽く強度が上がります。いろんな方にアドバイスいただき1合目まではとにかく踏みすぎないことと聞いていたのでマイペースを貫こうと思い踏みます。1km地点に。ステムに貼った目標タイムよりは10秒程度遅れている状況でした。ここで焦ったのかなぁ。気持ち的にはそんな気持ちはないものの心拍は180前半な感じ。気持ち的にはそこまでキツくはないが、身体的にはきつかったのでしょう。

そのお陰か3kmでは目標より20秒程度早く通過する。また、事前のアドバイス2で同じぐらいのペースの人を見つけるといいと言われていたが、いまいちいい感じの方がおらず。今回はわりと独り旅でしたね。

そうこうしていると1合目が見えたのかな?応援してくれてる人とかもいて。きついけど楽しい。

 

5km地点

この時も目標タイムのドンピシャぐらい。きついね。

7km

確かこの辺で20秒ぐらいの遅れが出ていたような。

9km

完全にシルバータイムより遅れる。1分程度。

10km

ここで心拍が一気に落ち込み始めるのと同時に息が上がる。息がしにくいのか脇腹が猛烈に痛くなる!自転車乗っていて脇腹が痛くなるのは初めて。

ここからは息は上がっているものの心拍は上がらず、さらに気温の低下もあって寒い感覚が。こんなことならウインドージャケットを脱がなければ良かった。さらに、タイムも目標よりは落ち込んでいく。メンタル的にはわりと冷静で、こりゃきれないなぁーと冷静に考えてベストを出そうと切り替える。あとは練習していたダンシングをようやくやり始める。遅い!

15km

まだ10kmも登るのかーという感じ。本当に重量級的にはずーっと登っていて辛い。

18kmあたり

左足の脹脛につりフラグが!騙し騙し登る。

で、ダラダラ登っていて目標タイムから3分程度遅れる。悔しいが仕方ないので平坦区間は頑張ろうと切り替える。

 

そして、結構急な坂を登りきると平坦に!ここぞとばかりに飛ばす!そんなに速度は出ていなかったが。さらにぐっさんが見えたので抜きぎわ背中を触る!しばらく平坦をガシガシ踏んで気持ちいい〜。

が、最後トンネルみたいなところを通過すると、いきなり登りに!しかも前では落車されている?

結構登るやん!しかも落車の方を避けた際にフラグの立っていた左足が攣る!

攣ったー、ゴールまだとか喚きながらも応援の方がガンバレーあと少しといっていて、ぐっさんもバス並んでるところの終わりらへんと教えてくれる。そして、ぐっさんから千切れる。そのままヘロヘロゴール!手元のサイコンで1時間18分と出ている。そのまま結果も同じだったので、計測方法などは間違ってなかったのね。

上は極寒。すぐに持って行っていたジャージや洋服を着込みます。

上でも色んな方とお話ししたりチームメンバーと写真撮ったりし下山。

なお、下山は辛いっすな。すんごい着込んでいたのと寒さ耐性が高い自分でも、多少寒かったので薄着の方は本当にきつかったと思います。

f:id:y-yama17:20190611130733j:image

f:id:y-yama17:20190611130729j:image

ちなみに私が上に持って行ってもらったものはこちら。自分的には結構ちゃんと考えて持って行ったつもり。天気が良ければ、ここまでする必要はないとは思うけど、今回は天候も悪いのがわかっていたのでね。大は小を兼ねるじゃないけど大袈裟に用意して良かったです。

 

山頂に運んでもらった持ち物

  • リュック
  • 冬用の裏起毛ジャージ上下
  • 冬用の手袋
  • セパレートの雨合羽(100円均一)
  • 革靴にかぶせるビニール袋(100円均一)、シューズが濡れてるだろうと予想、靴下の上から被せてシューズを履いた、1番良かったグッズかも
  • シューズカバー、使わなかったけど
  • 普段着のウインドブレーカー
  • 替えのインナー
  • 替えの靴下
  • 替えの帽子
  • タオル
  • ライト

さらに、スタート前に着ていたウインドジャケットも再度着ました。

 

最後にうどん食べて信玄餅買って帰宅。お昼ご飯に間に合う時間で帰宅できた。もう1時間か2時間遅い時間に開催してくれるとありがいのだが。。という気持ちもありつつ。

f:id:y-yama17:20190611130941j:image

今年シルバー獲って、終わりにしようと思いましたが、こりゃ来年もだな。ゴールドはヒルクライム星から来たヒルクライマーのG無効能力がないと獲れないようなので目指しません。が、今回はログ見たりしたけど、標高が上がり距離的にど真ん中ぐらいで一気にペースが落ち込んだので、オーバーペース&気持ち&酸素薄いの三大パンチをもろに貰いましたね。パワー的にもストラバ推定ですこぶる低く。那須とか都民とかの方が全然高い。少し上りの練習していただけに悔しいですね。来年は試走したりして準備して銀のリングを獲得したいな。

f:id:y-yama17:20190611130755j:image

夕飯は夏野菜のゴロゴロカレー富士山風盛り付けで。初日でもなかなかの味でした。カレーはパッケージの通りに作るのが美味しい(ワイフ推奨)といのもありますが、私は色々混ぜまくるのが好きです。

f:id:y-yama17:20190611131002j:image

 

では、今回はこのあたりで失礼します。

都民の森で合同練と料理(唐揚げ、クリームパスタ)

はい、山です。

先日は保育園の懇親会ということで、すばり平日昼間にも関わらず、仕事を休んで参加してきました。

最近の子供ですが、色々と覚えて帰ってくるんですよね。園のスタッフの方やお友達から沢山の刺激を受けているようで、その様子が伺えてとても良かったし親としては安心した会でした。保育スタッフの方々には本当に感謝しかないよ。

 

さて、今回は練習と料理のことを書きました。それぞれリンクを貼ります。ページ内リンクです。料理だけを読みたい人は料理をクリックしてください。チーム員からは料理ブログの方が需要があるのではと言われてしまいました。いつも日記ですみません。

 

合同練習

料理

 

合同練習会(都民の森)

イッチーパイセンからの提案によりウカ練が合同練習となりました。雑兵さん、EMHさん、ゲリラさんなど総勢12名が集まりました。企画していただいたTさん、またお集まりした方々ありがとうございました。とても楽しい時間を過ごせました。

f:id:y-yama17:20190521083856j:image

 

さて、サイクリストの朝は早く6時ちょい前に家を出てタマサイを上流方面に上がっていきます。前回のヤビツでは到着前に足が終わってしまったので、今回はゆーっくり行きました。まぁタマサイなので飛ばしはしません。

睦橋を渡り五日市街道でMATさんご一行と合流。集合場所のセブンからの計測開始場所直前の役所へ。結構長い列車になっていて注意を受けました。すみません。

残念ながら、雨が降り始め少し雨宿りを。しかし時間もあるので出発。今回は組み分けをしまして、頑張らない組と頑張る組。

 私はもちのろん、頑張る組ではなくて頑張らない組。着いていけないし、迷惑かけてもあれだからね。まぁでも頑張りはしますよってことで先頭でスタート。これから約20km、1時間程度の苦しい時間が始まります。

自分の目標としては、ベストのタイムを出すこと。かつ57分台でゴールするとして望みました。

都民の森ですが、最初の方はそこまで勾配もきつくなく、割とアップダウンが続きます。そのため最初に速度が出るからと調子乗って踏みすぎると最後、勾配が上がったところで間違いなくタレていくのは経験済み。しかしながら休み過ぎてもタイムは出ないので踏みすぎず、かつ踏まなさすぎず。。。心拍175〜180(自分の中で1時間耐えられるぐらいの心拍強度だと信じているので)あたりで運用することを心掛けます。

しばらくして、後ろを振り向いてみるとMATさんしかいない。他の方がいなくなっていたのですが、ゴールも決まっておりますし、そのまま行く事に。

声を掛けていただき、MATさんと先頭を交代する。先日の小山田でぐっさんの後ろについて回ったときもそうだが、登りでも誰かの後ろに付くと楽というか心強いというか。風の影響もあるのでしょうね。心拍は165ぐらいまで回復していく。あーっこのまま後ろについていきたい。

とか思いながら、なんだかんだ3kmほど引いてもらい先頭を交代。10km弱を確か20分掛からない程度で走りきる。都民の森は最初の10kmはあっても約5%~7%の勾配で平均は約2%ほどか、後半の10kmは10%程度の勾配もあり、平均だと5~6%ぐらいなので、これから一気に勾配が上がる事を考えるとタイム的にはギリギリな感じ、でもペース的にはまったく悪くなく、過去最速。あとから気づいたけどね。

そして、このあたりから一人旅が始まる。一人になったあたりで少し中だるみというか、きついなぁーという感じでペースが落ち始めたので、いっそのこと少し落として回復させようと170ぐらいまで落ちるような感じで漕いでみる。時折ダンシングを入れられるようになったのは那須で結構登った経験が活きているのかな。また、前回のヤビツを登っているときに感じたのですが、私はあんまりケイデンスを上げてクルクル回しながら登っていくよりも、70~80程度で多少踏みながら登った方が感じ的に良さそうに思いました。ダンシングだともっと減るので、ダンシング時はシッティング時よりも重たいギアで頑張ります。しばらくすると回復してきたようなので、また頑張り始めます。

そうこうしている内に勾配10%を示した黄色い看板が!これが見えるとあと少し。だが、ここからがきつい。。。

あと少し~あと少し~、まだか~まだか~と心の中で呪文を唱えながら、サイコンの距離と睨めっこしながら登ります。このあたり(だいたい残り3km程度の箇所)から、ゴールまで掛かりそうなおおよそのタイムを頭で算出し始める。60分は切れそうだと確信。で、残り2kmになったところで直近の1kmで掛かったであろう時間をそのまま足すと55分も切れそうな感じ???

ちょっと足痙りフラグも立ち始めているので、ギアは軽めのものでなるべく回せるように。つま先を立てると確実に脹ら脛と膝上が攣るので、無理しすぎず。。。。

残り1km。本当に20kmで終わりだっけと不安になりながら頑張る。

簡単な駐車スペースみたいなのが右側に見えて、このコーナー曲がれば確か終わりだったよな??とコーナーを回ると。。。あそこだーという感じで、最後は頑張ってダンシングするも・・・。足痙りそうなのですぐにやめてゴール。。

結果は54:35!

回りの方からしたら遅いんだけど。去年の今頃で58:31。2017年の10月だと1:08:40なので、ずいぶんと速くなったと思いますよ。那須効果出ているな。

f:id:y-yama17:20190521185239j:image

※集合写真、拝借させていただきました。

 

下りは下りとて、最初の方はゆっくり下っていたが、下りが落ち着き始めてからは頑張って先頭の方に付いていって過去最高だった。。。雑兵のCさんは本当に速いな。。。クライムも速いし、すごい。

帰りはMATさんに秘密の抜け道を教えてもらったりして帰っていたのですが、教えてもらう前にクリートの先端がなくなって固定できなくなる。申し訳ありません。途中にある府中のワイズでクリートを購入し、その場で交換して帰宅。今回はクリートカバーも買ってみたので、どのくらいモチが違うか計ってみよう。そんな感じで合同練習は終わった、とても楽しかったので、また参加させていただきたい。本当にありがとうございました!

 

作った料理

唐揚げ

休みの日は料理を作ろうと思っていて、土曜日の夜は唐揚げを作りました。本当はスープカレーにしたかったけど。

あまり偉そうなことは言えませんが、唐揚げを美味しく作るコツは火を入れすぎない。つまり揚げ過ぎないようにすることですね。まぁ私のブログなんかよりも、ググった方がわかりやすいんじゃないかなと思いますよ。そりゃそうよ。

さて、材料などです。

  • 鶏肉(今回は食感を味わいたくモモ肉、胸肉)
  • 塩、胡椒
  • にんにく(チューブがなかったのでパウダー)
  • 生姜(チューブ)
  • 醤油
  • 小麦粉
  • 片栗粉

 

  1. 肉を切ります。筋を取ると良いようですが、私は無視します
  2. 切った肉に適量の塩と胡椒をまぶして揉みます
  3. にんにくと生姜を入れて揉みます
  4. 酒と醤油を適量入れて揉みます
  5. 冷蔵庫で寝かします(その間に風呂に入ります)
  6. 小麦粉を入れて軽く揉んだから、少量の片栗粉を入れて最後の揉みほぐしです。
  7. ついに揚げます、今回はまず160度で胸肉4分、モモ肉ぐらいで3.5分ぐらいです。途中でひっくり返しますよ。特に男性は一気に鍋へ肉を打ち込みがちですが、適量というものがありますので自粛しましょう
  8. また揚げます。そうです、二度揚げです。180度で胸肉、モモ肉ともに1分程度揚げます。途中で返しますよ

f:id:y-yama17:20190521181950j:image

f:id:y-yama17:20190521182034j:image

f:id:y-yama17:20190521182104j:image

f:id:y-yama17:20190521182213j:image

完成です。美味ですが、都民の森で疲れていたのか、少し濃い味付けになってしまいました。まぁ疲れていたからちょうど良かったけど。

これで、都民の森で消費したエネルギーもしっかり補うことができます。

 

 

クリームパスタ

翌日は流石に体の疲れもあり午前中はお休み。家族で散歩など済ませて終わり。ワイフから冷蔵庫の中にあるもので作れという指令の元冷蔵庫を拝見。

ぜーんぜん何もなく、冷凍の鶏肉、野菜室にはちょろちょろキャベツやら人参。玉ねぎなどが。ただし牛乳があったので、ならば得意なクリームパスタかなと。材料など。

  • パスタ麺x3束
  • 鶏肉
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • キャベツ
  • 牛乳、適量
  • 塩、胡椒、クレイジーソルト少し
  • 酒、ほんとに少し
  • 白だし(あのーそうめんのつゆとか割るやつ)
  • 鶏ガラ
  • コンソメ極小量
  • バター
  • チーズ
  • のり
  • とろけるチーズ
  • オリーブオイル(ガシガシ使う)

 

  1. 鶏肉を解凍している間に野菜を切る
  2. 玉ねぎを軽く塩をして炒める(飴色になる程度)
  3. 解凍できた鶏肉を切り、岩塩と胡椒を振り揉み置いとく
  4. 飴色になった玉ねぎを鍋に投入
  5. 置いていた鶏肉も鍋に入れ少し炒める
  6. 牛乳と酒、白だし、人参を投入(事前に盛り付ける器とかの1/3程度の量かな)
  7. パスタ麺の鍋も沸かし始める(塩入れるよ)
  8. スープの味を見ながら鶏ガラ投入(入れなくて良い)、塩胡椒なども様子見ながら、ただし玉ねぎや鶏肉、あとこのあとパスタの茹で汁も入れるので塩は控えめにしておくことをオススメする
  9. パスタの麺をついに鍋に投入!同時にキャベツを入れる(食感残すためあんまりスープで茹でない)
  10. 今回は7分茹でる麺なので5分ぐらい経った茹で汁をオタマで3杯ほど投入、味見てバターとチーズで香りづけ
  11. 麺を水切りし、丼皿へ。この時オリーブオイルかけると絡まない
  12. スープを先に投入して、最後に具材とノリ、切れているチーズ盛り付けし、オリーブオイルと粉チーズ、胡椒を振りかけて完成

f:id:y-yama17:20190521184300j:image

料理はなんか色々やりながらだから工程など前後しているかもしれませんし、あくまで素人が楽しく作っているレベルなので間違いはあるかもしれませんが悪しからず。

 

では、長くなりましたがこちらで失礼します。最後までお読みいただき、ありがとうございます!

那須でライドエクスペリエンスのツアーに参加

はい、山です。

私の車は登録上、毎年車検なのですが。飛び石の傷があったので、今年はリペアも頼もうと意気揚々と車検に出すため整備工場に向かっていると。。。

ふぁっ!なにこの線。なんと傷のところから見事に横線が。ヒビ??ぎゃっ。割れたー。

寒暖差が激しいとなるようです。ですので、傷のあるフロントは早めにリペアした方が良いですよ。特にこの時期多いようですね。本当に最悪よ。

 

さて、最近ガラス運がない私ですが、GW日記にも書いたように那須でライドエクスペリエンスのツアーに参加してまいりました!

 

結論から

めちゃ楽しい、最高!

 

正直、ガチガチでロードバイク乗ってます!とかものすごい悪路をガシガシ乗りたいみたいな方には向いてないかもしれませんが、例えば。。。 

  • 供と一緒にオフロードで自転車体験がしたい
  • 夫婦、カップルで気軽に汗を流したい
  • 那須の自然をサイクリングで満喫したい
  • みんなでワイワイスポーツを楽しみたい
  • マウンテンバイク、ファットバイクというものに乗ってみたい

 なんて方にはバッチリ向いていると思います。夏はもちろんのこと、冬は雪上でのファットバイク体験もあるようです。冬の雪上ライドはぜひ試してみたいですねぇー。雪上レースもあるようですね。出てみたい。。。

今回、私はマウンテンバイクに乗りましたが、ファットバイクの方が人気があるようです。確かにコントロールしやすそうでしたね。

 

今回参加したサイクリングの概要です。レギュラーツアー林道グラベルライドですね。

  • 料金は6,000円
  • 自転車、ヘルメットはレンタル(自分は自前)
  • 約3時間ちょい
  • 距離は約16km、なのでゆっくりです!
  • 道路、悪路、オフロードといった道を走る
  • 汚れても良くて少し動きやすい格好がオススメ
  • コーディネーターの方が超絶ジェントルマン

※金額は2019年5月時点です。

上記にも記載したように、こちら以外にもさまざまなコースがあるようです。詳しくは下記のページからお願いします。

ride-experience.com 

さてさて、では当日のことを少し書いてみたいと思います。

私が参加したのは午後の部。13時に集合場所に向かいます。

f:id:y-yama17:20190515131327j:image

普段はロードバイクばかり見ているのでワクワクです。

f:id:y-yama17:20190515131421j:image

f:id:y-yama17:20190515131418j:image

はしゃぐおじさんとおばさん。なお、今回は大学生?の団体さんもご一緒でした。後から無理くり入らせてもらったようで、ありがとうございます!

 

まず、バイクの取り扱いについて説明を受けます。私はディスクブレーキ初体験。まぁーよう止まる。あとはフワフワしていたり、タイヤからの音が違ったりと、もちろんではありますが、ロードバイクとは全然違いますね。普段とは違うので乗っているだけで楽しいです。まぁ、ワイフとデートってのもあるかな。

 

いざ、出発!おじさんとおばさんは最後尾で楽しむことに。おじさん一応自転車経験者だから1番後ろで集団を見守ります。

f:id:y-yama17:20190515131937j:image

しばらくすると結構な悪路に突入。も余裕!基本的にはガイドさんが先頭にいて、コントロールしてくれます。女性やお子さんでも問題なく着いていくことができると思います。普段、ヒーヒーハーハーしながら漕いでいる身からすると、景色を見られたり、爽やかな風を感じたりと、あーこれがサイクリングだなぁーと感慨深いです。ワイフも楽しんでいるようで何より。

 

そうこうしているうちに第1の目的地である渓流に。めちゃ綺麗で、那須にはずいぶん来てますけど、こんなところ知らなかった。夏には水遊びとか最高そうですが、隠れ家的な場所なようなので、詳細は控えます。特に石がとても魅力的で、自分の家の水槽に入れたい。

f:id:y-yama17:20190515133431j:image

f:id:y-yama17:20190515133435j:image

こちらでコーヒーをいただく、なんと煎れてくれます。写真撮るの忘れた。

 

その後、林道や那須高原を満喫できる道を走ります。普通に公道も走りますが、車は少なく走りやすいです。

f:id:y-yama17:20190515134515j:image

f:id:y-yama17:20190515134656j:image

絶景よ。

f:id:y-yama17:20190515135010j:image

その後、本格的なオフロードへ。マウンテンバイクの醍醐味ですね。最高に楽しいです。これ、固定ペダルとかでガシガシ乗ったら、もっと楽しいんだろうなぁー。大げさにポーズをとるも全くスピードは出ていません。

f:id:y-yama17:20190515135304j:image

最後に簡易的なコースを走らせてもらいました。丸太を超えてみたり。少し難しいコーナーを曲がったり!!本当にこういうところをガシガシ乗ったら楽しいんだろうなぁ〜。あぁーん、マウンテンバイクホシィー。

 

そんな感じであっという間の3時間ちょい。最後はコーディネーターの方と少しお話をさせていただき終了。

 

今回はワイフが偶然見つけて、私がノリノリとなりツアーへ参加することにしました。冒頭にも書いたように最高の体験ができたと思います。自転車に乗ることができれば楽しむことができるツアーになっていますし、コーディネーターの方がレベルに合わせて臨機応変にツアーを組み立ててくれているようです。

那須では、夏ならゴルフだったり、冬ならスノースポーツを楽しむことはできると思いますが、そのスポーツができない人からするとハードルが高いですよね。

自転車であれば多くの方が乗ることができると思います。それこそ老若男女誰でも楽しむことができるのでおススメです。特に今回参加したツアーは自転車に乗ることができれば、誰でも楽しむことができると思います。

また、マウンテンバイクやファットバイクロードバイクよりも乗りやすくコントロールもしやすいです。おしゃべりを楽しみながら走れる強度なので、ガシガシ乗っている方も何かを思い出せるかもしれませんね。私もまた参加したいと思いましたし、他にも魅力的なツアーがあるので、そちらは体験するようにします。

特にSLATEにはぜひ乗りたい。これは次の良いタイミングの際に絶対行く。

最後になりましたが、夫婦としても久々に2人で出かけられたので楽しかったし、貴重な時間となりました。子供を見てくれていた親に感謝ですね。

私は那須が大好きで、さらにこういったイベントやツアーが増えて、那須が魅力的になれば良いなと思っています。とにかく今年のGW、那須には人が多かった!本当に年々増えている感じ。良いことだ。

私は東北震災の直後にも行っていましたが、当時は観光客もいなく、、、、こうやって、来てくれる人が増えるのは、素晴らしいことなんだなと感じています。外部からの人間ですが嬉しいです。

 

今回はこの辺りで失礼します。

2019年GWの思い出 怒涛の10日間日記

はい、山です。

最近ぜんぜんブログ書いてなかったというかちょろちょろ書いていたのですが、終わんなかったです。山家族はジュニアも含め4月中頃から新生活(保育園生活)を送っています。ワイフも復帰しました。これがなかなか大変ですね。やはり。特にワイフとかどうやって生きているのか一緒に暮らしているのにわかりません。そんな感じですね。

さてさて、私、GW入る前にiPhoneの画面を割りましてね。まだ買って1ヶ月ちょいよ。即直しましたよ。ちなみにアップルストアで直しましたが、今は初期化しないのね。なんかネットだと初期化させられるーとこ言われていたのでバックアップ取ったりしたけど、ちょっと拍子抜けしました。これ結構良情報だと思います。が、何かしらでデータが消えてしまうこともあるみたいなので、バックアップを取るにこしたことはないですが。

 

今回も長いのです。すみません。

さて、あっという間に終了しましたGW!私はフルで10日休むことができました。ので、一応思い出日記。ほぼ自分用。

 

4/27(土)初日!

子供の病院行ったり、犬の狂犬病の注射を受けに行ったり。そこの動物病院が本当、なんていうんだろうか、すんごい怖いというか汚いというか。。。先生ヤバいというかね。先生トイレから出てくるっていうね。あとは翌日に備えて積荷などをして終了。

 

4/28(日)2日目

絶対道が混むだろうと予想し、朝3時起きから4時ごろ那須に向け出発。想像以上に車が多いものの渋滞には巻き込まれずに到着。寒い!
到着後はニュースで渋滞情報を見るという高みの見物。

午後に那須岳の峠の茶屋を目指してヒルクライム。左回り。動物王国やMt.ジーンズ側から登り、帰りは那須神社の方に下る。こっちの方が時間が掛かる。

f:id:y-yama17:20190507130747j:image

f:id:y-yama17:20190507130743j:image

f:id:y-yama17:20190507130740j:image

帰宅後に燻製作って食って終わり。

f:id:y-yama17:20190507130841j:image

寒い!

 

4/29(月)

この日は右回り。神社から登っていく。右回りは家を出てからずっと登りっぱなし。距離は短いが個人的にはこっちの方がヒルクライムしている感が強い。自分ルールではあるが、家から峠の茶屋まで1時間を切れた。久々にカレラにアルミを履かせた。

f:id:y-yama17:20190507131246j:image

f:id:y-yama17:20190507131243j:image

蛇が道で死んでいたので、土の方に移してあげた。車に轢かれてしまったのだろう。あんまりこういうことすると良くないみたいなのを聞くが、土には返してあげたいよね。また踏まれるかもしれないし。

 

4/30(火)

雨!最悪だーと思いつつ、一度も行ったことのなかった夢屋という喫茶店?へ。歩いて5分程度で着く。なかなか良い雰囲気だった。古民家カフェということです。

f:id:y-yama17:20190507131702j:image

f:id:y-yama17:20190507131706j:image

平成最後ということで、初めてFTPとやらを計測してみる。ZWIFTのRAMPメニューで計測

5分アップ、100wから始まり1分経つごとに20wずつ出力を上げるよう指示され。最終的に到達したW数の75%で計算し、FTPを算出する。今もやっているかは知らないが体力測定のシャトルランに似ていると思った。めちゃくちゃキツイ。パワーのコントロールも結構難しくて、自分は最初の方多く出すぎてしまいがちだった。

f:id:y-yama17:20190507132302j:image

英語だと全く理解できないのと、スマホだと画面が小さくてやりづらい。
f:id:y-yama17:20190507132306j:image

この日の終了時点ではFTP315Wとかでしたね。

 

5/1(水)

午前中はワイフに時間を譲り、子供と遊んだり犬の散歩したり。やること無くなったので、ワイフのランニングを友達を探す機能で追いかけに。子供はオンブして。

f:id:y-yama17:20190513124313j:image※管理敷地内です。


f:id:y-yama17:20190513124302j:imageこうやって見ると高原にあるんだなという感じが出る。

自分も自転車に乗りたかったけど、山は雲で見えない。ということはめちゃ雨。しかも寒いので、実走はやめてローラーに変更。昨日出しきれてないのもあったので、再度FTP計測してみる。前日同様、RAMP式

f:id:y-yama17:20190513125143j:image最終的に前日よりもうまくパワーのコントロールもでき、440W出力までクリアし460Wのターンで割と早めに死ぬ。出しきれた。結局FTPは345Wということ。自分の体重比では約4倍ギリクリア。正直驚きの数字であったが、半分は本当か?という印象。

f:id:y-yama17:20190513125304p:imageそのあと初めてズイフトの、レースに参加するも認識していた距離より全然長くて途中でやめた。

 

5/2(木)

朝、山頂は雲が掛かっているが強行してヒルクライム敢行。

結果、山の上は雨かつ極寒。登りきったが、峠の茶屋駐車場は超強風。写真なんか撮らずに下山も。寒くて死ぬかと思い、途中にあるお店で休憩。コーヒーとか飲む。自転車の場合は割引があります。

f:id:y-yama17:20190513125737j:image

f:id:y-yama17:20190513125743j:image

さらに下山も死ぬほど寒くて足湯。

f:id:y-yama17:20190513125932j:image

戻ると両親と両親の友達が到着していた。

 

その後、午後は子供を親に見てもらって、ワイフとひさびさにデート。ライドエクスペリエンスさんが提供してくれているマウンテンバイクの体験へ!

ride-experience.com

f:id:y-yama17:20190513130149j:image

f:id:y-yama17:20190513130143j:image

f:id:y-yama17:20190513130153j:image

f:id:y-yama17:20190513130136j:image

控えめに言って最高だった。こちらについては別途まとめようと心に誓っております。

13時より約3時間超、6000円。バイクレンタルなどもあり、私的には高いとは思わないけど、人によるのかな。

コーディネーターさんとは終わりで少しお話しさせていただき大変ありがたかった。

戻り酒飲む。両親の友達の人と深夜まで飲んで死ぬ。

 

5/3(金)

早朝に帰宅予定だったが、無理すぎて、結局昼過ぎに出発。特に渋滞などもなく普通に帰れた。良かった。
ワイフが腹痛女になる。私も体調悪く午後は寝っぱなし。

 

5/4(土)

ワイフが本格的に腹痛女となる。休足日。自分も結構内臓やばい。

 

5/5(日)

ワイフ復活&朝からウカレン。ひさびさに大ちゃんも参戦!あとはミゾさん、ぐっさん。往路でバカみたいに飛ばしてしまい、ヤビツではタイム振るわず。いやどっちでもそんなに変わらないんじゃないか。落ち込む。なんと44分も掛かりました。5分近く落ちているんだがw内臓がいかに大事か痛感する。

f:id:y-yama17:20190513131059j:image

f:id:y-yama17:20190513130835j:image

 

5/7(月)

マイマザーの還暦誕生日&母の日近いっちゅうことで、大学生の頃にバイトしていた店に。バイトしていた時の人が居てビビる。(運営している会社は変わっている)
しこたま飲んで終わり。

f:id:y-yama17:20190513131029j:image

 

以上が怒涛のGW10連休でした。まぁ充実したがあっという間に終わってしまった。子供とたくさんいられたので、良かったですね。

 

最後にGWに作った料理などコレクションです。作り方を知りたいものがあれば。お好み焼きはお好み焼きの元は使いませんよ。

f:id:y-yama17:20190513131940j:image

f:id:y-yama17:20190513131920j:image

f:id:y-yama17:20190513131916j:image

f:id:y-yama17:20190513131912j:image

f:id:y-yama17:20190513131928j:image

f:id:y-yama17:20190513131902j:image

f:id:y-yama17:20190513131858j:image

f:id:y-yama17:20190513131924j:image

f:id:y-yama17:20190513131944j:image

f:id:y-yama17:20190513131909j:image

f:id:y-yama17:20190513131931j:image

f:id:y-yama17:20190513131936j:image

f:id:y-yama17:20190513131906j:image

 

では失礼します。

2019 JCRC第2戦 in群馬CSC参戦記 メインはおじさんトリオの日帰り旅

はい、山です。

GWまで残り一週間となりました。私はカレンダー通りかつ土曜日も休みの仕事ですので、10連休です。が、毎年有給入れて、結構長く休んでいますのでそこまでの驚きはないです。

 

さてそんなGW前最後の週末は2019 JCRC第2戦 in群馬CSCのEクラスに参加しました。結果は出走22人中8位。いろいろとわちゃわちゃしたわりには頑張ったのではないかと思う。まぁそう思う。

朝というか深夜3時30分起床。実家に戻っていたので下の階に降りると弟が寝てるのかテレビ見てるのか。上に行って休みなさいと伝え少しグダグダ。ほとんど準備もできていたので、焦らず身の回りの支度などをして出発。定刻通りに集合場所へ到着。

今回はぐっさんに車を出してもらった、本当に感謝!こんなに運転せず、長い事乗車していたのは何時ぶりだろう。楽できました!道中は今回参加したみぞさん含め、おっさんながらわちゃわちゃ楽しくしゃべっていたらあっという間に群馬CSCへ。

群馬CSCの所感としては、ノスタルジーといった感じでしょうか。建物も流れているBGMも。私としては嫌いではなく、むしろ好きです。変にアゲアゲなイベントよりも落ち着きます。

さっそく受付を行い試走へ。
聞いてはいましたが、ほとんど登るか下るかといった感じです。道幅については修善寺ほど広くはないですね。ただ狭くもないと思う。
車の走行会もしているようで、タイヤ痕だったりコンクリ剥がれ亀裂が所々あるので、そういった部分を細かく確認。

コーナーについはヘアピン手前ヘアピンが注意すべき箇所で、それら以外はそこまで厳しくはないだとうといったところ。
で、上り坂は、やはり心臓破りの坂はきつい。勾配もあるし、それなりに長く登る印象です。ただ、登り切った後に軽く下るので、登り切りさえすればOKな感じ。ここはアタック掛かりそうだなー。その前にも2カ所ぐらい少しきつめの登りがありますが、そこまできつくはないので、重量級の私でもなんとかなりそうなコースプロファイルといった印象でした。修善寺よりかは全然楽だと思います。

試走も終わり、まずは第一区分のぐっさん(C)みぞさん(D)がそれぞれ出走です。私は応援。

ぐっさんはJCRC賞を獲得し拳闘しましたが最終周は少しメイングループから遅れをとってしまい、結局単独で3周ほど逃げていた若い子が優勝。すさまじく強かった。
ぐっさんのレース詳細については下記からどうぞ。

note.mu

みぞさんはレース開始早々にレアディレーラーの不調によりDNFとなりました。残念だけど賢明な判断だと思いました。

それが終わると自分のレース。いつにもなく順調に準備をしておりましたが、さっそくサイコンの不具合が…。

f:id:y-yama17:20190422124558j:image
いろいろ焦ってやってもうまくいかず。結局使えなかったwかなりわちゃわちゃ・・・。

で、あきらめてレーススタートです。一応ログは取れていたようですね。バグりまくりっぽいけども。

アクチュアルスタート形式なので、最初はバイクが先導、その後リアルスタートです。先頭から3~4列目あたりをキープして走ります。そんなに前の方ではない。
ヘアピン通過後に本番開始。一気に上がるかと思ったけど、強度はそこまで上がるわけではなく、むしろ先導のバイクだけが加速していくような状況。先頭にいる方々で牽制でも入っているのだろうか?ぐらいな感じ。
1周目はとにかく様子見っていう作戦でしたので、集団のペースに合わせるように心がけます。それと同時に強そうな方をチェックしたりとか。なんとなくの目星をつけて。今回サイコンが使用できていないので速度域などはちょいわからないが、下りはそこまで踏む必要がない、登りもそこまできついという感じではなかったように記憶しております。
そうこうしているうちに心臓破りの坂へ。ここも死ぬほどきついという感じではなく。ただし、息は上がりますね。心臓破りだけある。ここで少し前の方に上がっていき、そのままバックストレートの下り基調部分を通過。ホームストレートに入る前に少し前が空いたので、ちょいペースアップしてみる。
ホームストレートに入った際に1人軽く飛び出しているような状況??になったか。
ただ、バシバシ飛ばしている感じにはしていないので、死なない程度にそのままいくかと考え、先頭を陣取ったまま漕ぎ続けます。時折後ろを確認するも、少しだけ距離が空いているので、やはり1人飛び出している形で2周目をこなしていきますが、自分的には限界まで踏んではいないので、気にせずマイペースに運用。心臓破りの坂は少し力が入りました。ちょい疲れたので、その後の下りは気にせず脚を休めます。逃げを打っているわけではないのでね。

そうこうしているうちに3周目に入る前のホームストレートちょっと前あたりで集団に吸収される。

f:id:y-yama17:20190422125047j:image

で、3周目は集団内に潜むことに。今回のレースではとにかく安全マージンをしっかり取ろうと思っていたので、そこまで詰めては走らず周りを見ながら余裕が持てるぐらいで。

ひとりで飛び出していた2周目と違い、やはり集団内は楽なのか、少し上がっていた息も落ち着き脚も休められているような感じ。ただ、コーナーとかは少し怖いので上述の通り安全マージンもって、また前に出る際も右から出ていきますよーとか声をかけて極力危険な状況を作らないようにしていました。で、しばらくして心臓破りの坂に。最終周は間違いなく強度が上がるだろうと思い、試走でも試さなかったインナーに。ただ、登り始めてから落としてはチェーン落ちてダメだと思い、その手前で落としておきます(ここまではかなり冷静)。ここは成功。で、ダンシングしてリアを1枚落とそうとした時!カチャン

 げぇー落ちたー。

レース参加の皆様、申し訳ありません。

少し前目にいたのが功を奏したのか?チェーン落ちーと叫びコース右側に移動。で、下りてチェーンを入れて。手でクランク回したらまた落ちてパニック!!3回目ぐらいでようやく入るもメイン集団はとっくにいない。。後ろからのエンデ組通過後に自分も再開。

 

その後は、タラタラと漕いでおりました。

f:id:y-yama17:20190422130824j:image

一緒に来ていたメンバーにチェーンが落ちたと伝えている。

 

f:id:y-yama17:20190422130850j:image

ヘラヘラしながらゴールに向かっている。左手でピースを作っている。

 

で、安全にゴール。ビリじゃないとは思っていたけど、意外と8位だったので、集団は分断されていたようだ。知らなかった。

 

レース後は鶏肉のお土産やら温泉やら、インターで飯食ってイチゴのお土産やらと日帰り旅行を十分に満喫し、かつ明るいうちに帰ることができて大満足!

 

f:id:y-yama17:20190422131131j:image

やよいひめはさっぱりしていて美味しい〜。

f:id:y-yama17:20190422131203j:image

肉もジューシー。私はモモ派ですな。おろしニンニクを少しつけるとさらに美味だった。

素晴らしく楽しい1日を過ごせました。最高!
ぐっさん、みぞさん1日ありがとうございました!快く了承してくれた家族よありがとう。

しばらくは富士ヒルに向けて頑張りたいと思います。もう少しレースには出たいんだけどね。

ではこのあたりで失礼します。

ゲリパイ初参戦 最高だった。

はい、山です。
なんというか風邪の残り香っていうんですが、微妙に残っている感じが未だにあり、非常に不快感であります。歳のせいなのか季節のせいなのか。それとも考えすぎなのか。もしかしたら別の病気なのか!?なんて不安に感じています。

f:id:y-yama17:20190418122659j:plain

以前からずっと気になっていたゲリラ豪雨さん主催の通称ゲリパイに参加させていただいた。集合時間が19時30分とのことなので、仕事が終わって家には帰れない…。なので前日からいかにして集合時間で本番用自転車のカレラさんを投入するかを考えた結果。

実家を経由するという作戦を思いつく。自転車実家保管作戦である。その作戦については成功したんだけど。

さて、集合場所にはすでに大勢の方が集まっています。すごいな、総勢17名ということでした。人数が多いため3パックに分かれることに。私はA班に配属される。
ご一緒したメンバーはゲリラ豪雨さんから、ご招待いただいたHTさん、最近矢ノ口のローソンでお会いするFTさん、あとはクライマーのNさん、そしてグローブ港北からFさん、先日のかつらおにて表彰台に上がられたというHさん。そして私の6名。まぁ、やばそうな雰囲気をヒシヒシと感じます。

メニューはアップ(1周)、ペース(3周)、フリー(2周)全6周。本番はフリーからなのかなとか思いつつスタート。

私はいまだにサイコンなし男を貫いているというか、ちょっと5月末までは大変ピンチなため買えず。。。スマホで図っていたSTRAVAさんによりますと…。

アップについてはほどほどな速度感です。その後のペースは結構な高速度域でのローテをしていたようですが、インターバルも少なく、ザ・ペース走といった感じで気持ちよく走れます。自分が引くときは少し息が上がる感じ。メーターがないので丁寧に漕ぐように心がけてはいましたが、うまくできていたのか不安。

で、4周終わったところでついにフリー開始
早速、FTさんが逃げ始める。泳がすか確認してみたところ頷いていたので様子を見ることに。しかし後ろからあんまり行かせたらアカン的な声が聞こえたので、半信半疑ながら追いかけるかと思ったところ、交通状況により落っこちてきたのでシメシメ。交差点通過後も強度が上がる場面がいくつかあったが、長めに伸びていくような感じでもなく、さらに、この日はほとんど無風だったのもあり大丈夫だろうと、焦らずタンタンと踏むを意識して脚を残す作戦。そして最後のひと花咲かせるのだ。そんな感じでフリー最初の周をこなす。

最終周。
自分の中で勝負を仕掛ける場所については、ある程度決めており、そこまでに安全かつ強力に仕掛けられるよう、自身のポジションを意識しながら踏みます。
んでもって、ロータリー手前あたりかな。このへんなら良いかと思いー

アタック!

どうかなぁー!?と後ろをみると付いてきているwのでいったん緩め交差点を通過。
その後、先頭のまま最後のストレートに。先ほどのアタックで結構脚終わりかけていたので腰を上げるスプリントは厳しい。そんなこんななので長めに緩々と速度を上げていく。かなりいっぱいいっぱいで回して、さぁどうだと後ろを確認するとーーーーー


たくさんいるw
こりゃ無理だーってな感じで捲られて終了。4番目とかかなー。惨敗だー。

 

最近では、こういった最後に着を決めるような練習をしていなかったので、とても緊張感があり最高に楽しかった。一緒のグループの方、他グループの方もそうだが、安全への考慮もかなりされている練習会。緊張感もあってすごく良い経験値となる。

自分的には、なんども書いてるっぽいけど、ローテーションであったり、フリー時の雰囲気や熱感、ラストのゴール間近の緊張感や感覚などなど。最近あんまり体感していなかった感覚を感じ取れたことがすごく良かった。今度の日曜日にJCRCに向けて自身に刺激を与えたかったので、本当にありがたい。そしてかなり刺激が入ったし、特にゴール前の感覚を良い感じで体感できた。日曜のレースも最後に差すというよりは、なるべく先行して逃げ切るようにしたいと思っている。できればの話だけど。今後はそういった形をメインにしていきたい。着れないようなら踏まないだろうし。

まぁ、もちろんスプリントの練習はし始めようと思います。去年とかガンガンやっていたんだけど、子供が家で待っているって思うと即帰宅したくなってしまうんだよねぇー。

 

と、子供大好きですよアピールしたところで失礼したいと思います。
最後になりますが、ゲリパイに参加されている方々、ご招待ありがとうございました!また参加したいと思っておりますので、その際はよろしくお願いします!
また、快く行ってきていいと言ってくれたワイフ、また自転車保管作戦に付き合ってくれた実家に感謝申し上げます。

では、このあたりで失礼します。

 以下、広告です。

ウカ練は小山田で。ご飯ブログにしようか悩む

はい、山です。

4月に入って早くも2週間が終了。東京は桜も散り始め、緑が濃く目立つようになってきましたね。私的には花粉も少し落ち着き始めました。

我がジュニアは、慣らし保育も佳境に差し掛かったあたりで見事に風邪をもらってきまして。2日間おやすみ。週末も熱だし小僧で夜は辛そうでした。

自分としては変わってやりたいよー。とか思ってましたが、変わるどころか一緒に寝込むというねwまぁ、このあたりは後述しましょ。

 

さて、再三書いてますが、一度に書くブログの文章を短くしたいので。まずは、土曜日にやったウカ練

 

この日も先週に引き続き小山田周回。8時に矢野口集合。僕は体調面だったりもあり参加しないつもりでしたが、朝起きると問題なさそうだったのと、間に合いそうだったので集合場所へ。先週に続き、Fさんがいらっしゃりご挨拶させていただく。いつかゲリパイに行かせてもらおう。

 

今週も参加者は、みぞさん、ぐっさん、DK、私4名。行きはぐっさんの鬼引き。私は乗り始めると息がうまくできない感じがあり、大人しく着いていきます。

セブンに着いてDKエネルギー不足のチャージ。2周は確定、最後3周にするかは2周終わった後に決めようということでスタート。

 

この日はコンディションも良くないので、とにかく調子にはのらず、最後までペースを崩さないことを意識して開始。1周目は終始先頭にいたのかな?あまりペースは速くないと感じてはいた(まだ、サイコンなし男)。メモリアルパークの坂も淡々と。後ろにいる、ぐっさんの気配もあり、なかなか良いペースだったか?

日大三高の坂もそこまで一気には登らず丁寧に登る。で、最後の坂。。。

途中から息が上がり始めると、うまく呼吸できなくなり。息を吸うとピーピー鳴っている。ほぼ過呼吸状態になりながらも、ぐっさんからの叱咤激励もありなんとか登りきる。そのまま2周目。ゴルフ場脇の下りで、ぐっさんと先頭交代。ついでに呼吸も整える。このあとは終始ぐっさんに付かせてもらう。後ろについている方が全然楽なのは何故なんだろうか。安心感かな。多分先頭にいるということで変に力が入ってるのかな。とにかく、この日のペースを守るは完遂できたと思う。

結局練習は2周で終わり、そのまま尾根の入り口にあるスタバでイチゴスペシャル(名前は違う)を飲む。というより、もはや食べる。

f:id:y-yama17:20190416232254j:image

DKの資産運用の話。とても興味深いというかタイムリーで色々調べてたりしたので、もっとちゃんと聞きたいが、とにかく自分で調べなければと思った。

f:id:y-yama17:20190416232231j:image

f:id:y-yama17:20190416232314j:image

 

帰宅後は夕飯を作りたかったので作ります。ブログを料理にシフトしていこうかなとも思っている。料理ブログ。響きが良い。

 

さて、作ったのは雲白肉(ウンパイロー)です。余った汁でたまごスープも作りました。たまたまネットで何作ろうか漁っていたら出てきた。美味しそうだし、何より簡単そうだったので。結果、本当にめちゃ簡単だった。が、なかなか凝った感じにも見えるので奥さんや彼女に作ってあげると一株上がるかもしれない。

 

まず材料(私の場合)

雲白肉

・豚バラのかたまり
・ネギ
・ニンニク
・しょうが
・きゅうり
・玉ねぎ
----------
・醤油 100cc
黒酢 大さじ1
・砂糖 大さじ2.25程度(多めに入れた)
・五香味(スーパーで探すの大変だけど、ないとダメ)
・岩塩
・塩
・鷹の爪
・ニンニクチューブ
・ラー油

 

卵スープ

・肉を茹でて残った汁(後述)
・ニラ
・卵
----------
・葱油適量
・ラー油適量
・鳥ガラスープの素適量
・ごま油 適量

 

こんな感じだね。

まず、私は豚バラに塩を振り、軽く揉む。そして置いておく。しばらくして、お湯沸かしながら、ニンニク3片とネギぶつ切り、しょうがも軽く皮取りぶつ切りを用意。湧いた鍋に投入。ちろっと料理酒も投入して軽く寝かした豚バラも投入。弱火よりもちょい強いぐらいで約25分程度。しっかりアクはとりました。ウェブサイトの指示通りです。はい。

f:id:y-yama17:20190417142727j:image

その間にタレを作る。上記の通りで一応分量を図り、全部混ぜて小さい鍋で軽く火を入れる。沸騰させない程度。で、野菜も切る。なんとなくきゅうりと玉ねぎにした。みじん切る!きゅうりは量多くなるの嫌なので、残ったのは、でかいまま。あとはもやしを湯通ししておき、肉の下にかさまし用に。

で、肉に火が通ったら外に出して、切る。タレをかける。盛り付ける。終わり!すぐできるし、簡単だし、なんか料理した感も出るという素晴らしい料理。そもそも名前が雲白肉という時点で驚かれること間違いない。

f:id:y-yama17:20190416230949j:image

チャラーン。普通にうまいよね。白米にも酒にもあいまっせ。肉はとにかく火を入れすぎないに限る。

 

で、たまごスープは、肉を取り出した残り汁に鳥ガラの素、切ったニラを投入。一煮立ち。そのあとに、たまごと油各種を入れる。食べる前に香りづけのごま油垂らして終わり。卵入れたら火を強めたらあかんで。固まると汚い。私はやらかしましてボサボサ。最悪。

f:id:y-yama17:20190416231141j:image

個人的には今回、五香味が大ヒット!これだよ探してたのって感じ。

で、夕飯です!残ったタレはアジの刺身に付けても美味しかったなぁ〜。

f:id:y-yama17:20190416231235j:image

酒以外は体のバランス的に良さそうな?むしゃむしゃ食べて翌日に備えるはずだったんだ。そして体調は良かった。。。。。

 

寝る。

ブワッ!さむ!!!

ふぇっ?寒い、眠い、痛い。、!、、、さむっ!!あぁー飲み物飲みたいけど立ち上がれねぇー。

おしっこしたいけど、起き上がれない。。寝てるのか夢なのか?これは現実なのか?とにかく辛い。

で、我慢できずに立ち上がるとフラフラ?二日酔いとかではないこの感じ。やばいかも??

 

朝、ジュニアとかの起きる声は聞こえるけど、無理だ。起きるとか無理っす。

そう、おそらくジュニアの風邪が我が身に。。。こんな辛いのとやりあってたのカァー。死ぬほど辛いまま、日曜はたぶん20時間ぐらい寝て、起きている時間はアイス3個、大量の飯食って日曜終わり。すぐ終わった。アイホンさんによると100歩ぐらいしか歩いてない。事実、家から20mぐらい先の自販でペプシ買ったぐらいしか動いてない。あとはトイレか飯のどちらか。

f:id:y-yama17:20190416233235j:image

そんな週末でした。楽しかったよゴホッ。ちな、市販薬飲んだら一気に治りましたとさ。すごいね市販薬。アスリートが飲んではいけないのもわかるなぁーってほど身体が楽になるというか。効く!!!

では今回はこの辺りで失礼します。

 以下、広告です。