30代からのロードバイク 自転車通勤のその先に

30歳になって本格的に始めたロードバイクのトレーニング、メンテ、自転車通勤、実業団登録からその後などを記録していきます

ウカウカブルペ with Tさん 疲れすぎた

はい、山です。

最近はプロ野球に縁があってよく球場で観戦しています。こないだはジュニアも初観戦!途中で寝たけど、終始ぐずらず偉かった。楽しく過ごせました。

 

さてさて、先日8月24日は弊チームのイッチーやミゾなどが出る富士チャレンジ(私も出ます。)の練習と称して200km走ろうみたいな感じで主に南関東?のサイクリングロードを荒らしてきました。嘘です。1週間も経ちましたが振り返りましょう。

 

まずは朝4時前という、もはや深夜に起床。諸々済ませて出発。ドアを開けると雨!まぁでもそこまでなので集合場所の秋ヶ瀬駐車場に向けて出発。

 

ちなみに今回は富士チャレンジ200の練習ですので、朝飯なども含めた食事はサドルの上で。コンビニではおにぎり、あんぱんをそれぞれ一個、あとは5個入りのアンパンとピーナッツパンを一袋ずつ購入。

おにぎりとアンパンは行きながら食べてみる。大きいものはなかなか食べるのが難しい。なお、私サドルの上で食べるの初めてです。んで、食べているうちに集合時間をオーバーしている!!慌てて踏んでも10分程度遅れてしまいました。申し訳ありません。この段階で25km実走行。話しながらアンパン5個入りを全食。

で、本番開始。今回は河川敷の覇者であるTさんも参加してくださり、大ちゃん、いっちー、私の4人。

 

最初は道の雰囲気など伺いながらTさんに引っ張ってもらう。荒川です。わりとにゅるにゅると辛くもなく楽でもない程度で回します。途中で先頭に出たのだが、黒アゲハ蝶が大量にひらひらしていて、何匹か巻き込んでしまった。ちなみにこの時期のサイクルロード、暑すぎるといないのだが、そこまで暑くないと虫、う○こ、カエルなど路上にわんさか上空も、やはり虫が制覇しているため注意していても踏んだり、ぶつかったり、お口に入ったりします。アイウェアは必須でしょう。気分は逃げ集団。

f:id:y-yama17:20190830085135j:image

途中、背中に入れていたピーナッツパン5個を一気に食べる。意外とうまく食べられたと思う。

おおよそ、50km漕いだあたりで荒川から利根川へ移動。この辺でセミ?が右肩に激突。バチンと音が鳴る。痛かった〜。Tさんにもぶつかったようだ。その後、コンビニ休憩一度、、私は固形物は買わずに水のみ補給。暑さで有名な熊谷は初めて来たのかな。

そこからは利根川、なかなか道も狭く草もわりとボーボーかつ道路に亀裂などもあり、少し怖い。Tさん、写真ありがとうございます!

f:id:y-yama17:20190830085111j:image

再度休憩。この時点で120kmぐらいだったかな。体的にはまだまだ元気だけど、とにかく暑い。ここも水分補給のみ。利根川のサイクリングロードはちょろちょろ道に出ないといけないようでルートが難しかった。

f:id:y-yama17:20190830085230j:image

f:id:y-yama17:20190830085227j:image

最後のサイクリングロード、江戸川サイクリングロードに到着。先ほどよりは走りやすい。道が広く綺麗ですね。景観はあまり良くないかな。川って感じ。その後、ローソンにて再度休憩。ここで食べた冷やし中華は最高だった。いつもならもっと食べているところだが本番も見据えて、あまり食べはせず。

f:id:y-yama17:20190830125832j:image

出発後は基本向かい風になりきつい。この辺から足が攣りそうですよフラグ。主に右足のふくらはぎ。ピクついているのを足首角度などを変えながらカバーする。そうこうしていると大ちゃんが最大に攣ってしまったようで木陰で休憩する。ここで危険と考え彩湖に移動と方針転換。良い判断だったと思う。

自分は彩湖まで行くと、かなり遠回りなので、荒川を直進して下町方面に。幹線道路は車には注意だが楽に走れます。

初めてスカイツリーを間近で見たけど、想像より高くないの?一度は登りたいね。

f:id:y-yama17:20190830085321j:image

 

そしていつもの通勤路である飯田橋から甲州街道のルートをとることに。まぁ慣れてるから平気だろうと考えていたのが甘く、補水もせずに帰ったら残り3kmぐらいからフラフラ。危ないので裏道に出てタラタラ帰る。

 

無事帰還。トータル209km、Ave30km/hということで、なんとなくだが200kmの体感をすることができたので良かったな。意外と補給(食べ物)に関しては多めに取らなくてもなんとかなりそう。水分に関しては、かなり注意して飲む必要がありますね。とりあえず富士チャレンジ200は練習と思い、落車とかに気をつけながらマイペースに走ろう。にしても、200kmは疲れるよ。

f:id:y-yama17:20190830085357j:image

f:id:y-yama17:20190830085352j:image

 

では今回はこの辺りで失礼します。